Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

パワフルRIAを実現する「NetAdvantage ASP.NET AJAX」コントロールスイートを使おう

WebDataMenuとWebDropDownの利用

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ajax処理を制御するにはクライアント側JavaScriptの構築も必要となり、一般的なASP.NET開発領域からはみ出してしまうこともしばしばです。そこで本稿では、サーバーコントロールを使う感覚でASP.NET AJAXアプリケーション開発を可能にする「NetAdvantage ASP.NET AJAX」について一例を交えながら紹介します。

目次

はじめに

 ASP.NET AJAXの登場によりサーバーコントロールを用いたASP.NETアプリケーションにインタラクティブな機能を実装させることが可能になりました。しかし、高度なフィードバック アニメーションなどのUI処理とAjax処理を制御するにはクライアント側JavaScriptを構築することも必要となり、一般的なASP.NET開発領域からはみ出してしまうこともしばしばです。

 NetAdvantage ASP.NETのASP.NET AJAXコントロールはサーバーコントロールを使う感覚でASP.NET AJAXアプリケーション開発を可能にします。

図1 NetAdvantage ASP.NETコントロールを組み合わせたアプリケーションの例
図1 NetAdvantage ASP.NETコントロールを組み合わせたアプリケーションの例

対象読者

 ASP.NETおよびASP.NET AJAXを使用するWebデベロッパー。

必要環境

  • マイクロソフトVisual Studio 2008あるいはVisual Web Developer 2008 Express Edition
  • Infragistics NetAdvantage ASP.NET 2009 Vol. 1 CLR 3.5
  • (NetAdvantage Web Client/Select/.NET パッケージに含まれます)

 本稿ではCLR 3.5をターゲットとするWebサイトを想定していますが、CLR 2.0ターゲット上でもASP.NET 2.0 AJAX Extensionを併用することでASP.NET AJAXを使用することが可能です。CLR 2.0ターゲットを使用する場合にはNetAdvantage ASP.NET 2009 Vol. 1 CLR 2.0を使用してください。また執筆時には上記の環境をWindows 7 RC版で動作させていますが、Windows XPあるいは Windows Vistaでもかまいません。

コンポーネントのインストール

 Visual Studio上で NetAdvantage ASP.NETを使用するには、まずインフラジスティックス社のサイトよりインストーラを入手し、実行します。インストーラを実行するとプロダクトキーの入力画面が表示されますが、キーを入力せずにインストーラを続行することでトライアル版として使用することが可能です。なお、期限付き(20日間)のトライアル版では有償の製品版とまったく同じ機能が使用できます。詳細については同梱されているリリースノートを参照してください。

ASP.NET AJAXのおさらい

ASP.NET AJAX Webサイト

 ASP.NET AJAXを構成するフレームワークASP.NET AJAXサイトの構築手順などは他の記事でも紹介されているため本記事では省略しますが、ASP.NET AJAXを使用するWebサイトには基本的に以下に挙げるものが必要となります。

  • web.configファイル
  • ASP.NET AJAXライブラリ参照(System.Web.Extensions)と、ScriptHandlerの定義。

  • .aspxページ
  • ScriptManagerの配置。

 ASP.NET AJAXに必要なweb.configの参照設定はVisual StudioでCLR 3.5をターゲットとするWebサイト(あるいはCLR 2.0ターゲットのAjax-Enabled Webサイト)を作成した時には自動的に追加されます。また、ScriptManagerも自動的に配置されます。

 この中で、Ajaxを使用するデータ連携などはMicrosoft Ajaxライブラリを介して行われます。

NetAdvantage ASP.NETとASP.NET AJAX

 NetAdvantage ASP.NETでは2008 Vol.1リリースよりASP.NET AJAXのフレームワークを活用したコントロールが提供されていますが、従来のリリースにおいてもAjax機能は提供されていました。

NetAdvantageの従来のコントロールでのAjax機能

 従来のコントロールではインフラジスティックス独自のAjaxエンジンが搭載され、Ajax処理を行うスクリプトを生成・管理していました。配置されたコントロールのポストバックをAjax化するコンテナであるWebAsyncRefreshPanelをはじめ、各コントロールでのロードオンデマンド機能などがこのエンジンを使用して提供されています。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:Infragistics NetAdvantageチュートリアル

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5