Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ASP.NETのノーコーディングプログラミングを支えるParameterクラス

Parameterクラスを自作しノーコーディングプログラミングに近づけよう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/09/01 00:00

ダウンロード ソリューション (14.8 KB)

ASP.NET 2.0は1.xにくらべて非常にプログラミングが楽になっています、いわゆるノーコーディングプログラミングです。よりノーコーディングでプログラムできるためのクラスを作ってみましょう。

目次

はじめに

 ASP.NET 2.0は1.xにくらべて非常にプログラミングが楽になっています。いわゆるノーコーディングプログラミングです。本稿では、それをさらに推し進めるためのクラスを作ってみましょう。

対象読者

 ASP.NETで開発をされている方。興味のある方。

必要な環境

まずは簡単な画面を作成してみよう

 簡単なObjectDataSourceを利用した画面を作るために、2乗を返すという簡単なクラスを作成してみましょう。

2乗を計算する簡単なクラス(C#)
public class Power
{
    public double Exec(int value)
    {
        return System.Math.Pow(value, 2);
    }
}
2乗を計算する簡単なクラス(VB)
Public Class Power
    Public Function Exec(ByVal value As Integer) As Double
        Return System.Math.Pow(value, 2)
    End Function
End Class

ObjectDataSourceの設定

 このクラスを利用するためのObjectDataSourceを設定します。

ビジネスオブジェクトの選択
ビジネスオブジェクトの選択
データメソッドの定義
データメソッドの定義
パラメータの定義
パラメータの定義

 次に、このデータソースを利用するDetailsViewを設定します。

DetailsViewの設定
 DetailsViewの設定

 これで設定は終わりです。

実行してみよう

 さて、まずは実行してみましょう。

Powerの実行1
 Powerの実行1

 URLを「http://localhost:2582/cs/default.aspx?id=10」のようにQueryStringidの値を設定します(ただし、実際のURLは若干異なる場合があります)。

Powerの実行2
 Powerの実行2

 idに指定した「10」が2乗され、無事「100」が表示されました。このように簡単な内容であれば、ASP.NETの.aspxファイルは一切手書きコードなしで作成することができます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 中 博俊(ナカ ヒロトシ)

    大阪でフリーのソフトウェアエンジニア兼テクニカルライターとして日々新技術で楽しんでいる。 MSMVP for C# ブログ:http://blogs.wankuma.com/naka/

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5