Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Bing Mapsで遊ぼう!
第1回 ‐SilverlightでBing Mapsを表示しよう‐

Bing Maps Keyを取得し、BlendでBing Mapsアプリを作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bing Mapsはマイクロソフトの検索サービスであるBingサービスの1つで、Google Mapsのように地図機能を提供するサービスです。本連載では、そのBing MapsをSilverlightから利用してBing Mapsアプリを作成します。第1回目では開発の準備から、Bing Mapsを表示して任意の座標を表示させるまでを解説します。

目次

はじめに

 Bing Mapsはマイクロソフトの検索サービスであるBingサービスの1つで、Google Mapsのように地図機能を提供するサービスです。

 本連載では、そのBing MapsをSilverlightから利用してBing Mapsアプリを作成します。第1回目では開発の準備から、Bing Mapsを表示して任意の座標を表示させるまでを解説します。

用意するもの

  1. Expression Blend 3
  2. Bing Maps Silverlight Control SDK

 こちらのURLからダウンロードしてインストールしておきましょう。

最終完成品

 全画面を試すにはこちらをご覧ください。

 それでは、実際のアプリケーションの作り方をご紹介します。

Bing Maps Keyの取得

 Bing Mapsを利用したアプリの作成にはBing Maps Keyが必要です。Bing Maps Account Centerで登録を行いkeyを取得します。

1)まずBing Maps Account Centerを開く

 LogOnする必要がありますがこれはWindows Live IDが必要になります。

2)アカウントを作成します、アカウントの情報は後でも変更可能

3)Create a new keyでアプリケーション名とURLを入力してkeyを生成

4)Bing Maps Keyの取得完了

 keyの生成に成功するとExisting keysのところに、入力した情報と共にKeyが表示されます。これがBing Maps Keyとなります。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • クラスメソッド株式会社 杉浦 篤史(スギウラ アツシ)

    クラスメソッド株式会社(http://classmethod.jp/)RIAデベロッパー。クラスメソッドではFlexデベロッパーとして主にFlexを用いたRIA業務システムの開発を担当。開発においては要求される機能を満たすため、カスタムコンポーネントの開発に従事することが多い。

バックナンバー

連載:Bing Mapsで遊ぼう!
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5