Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

マイクロソフト、既存技術の活用とシームレスな連携が行えるクラウド環境の強みをアピール

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/03/24 17:15

 マイクロソフトは24日に会見を開き、クラウドコンピューティング分野における今後の方針を説明した。

 マイクロソフト インターナショナルプレジデントのジャンフィリップ・クルトワ氏は、クラウドの特徴について「ビジネスチャンスの創出とそれに付随する社会的責任」「学習による情報ツールの進化」「プライベートおよびビジネスでの交流促進」「より高機能なデバイスのニーズ」「クラウド需要によるサーバーの高度化」の5点に総括し、OSから検索エンジンまで、すべてのクラウド領域においてマイクロソフトが製品およびサービスを既に提供していることをまず強調した。

マイクロソフト インターナショナルプレジデントのジャンフィリップ・クルトワ氏
マイクロソフト インターナショナルプレジデントのジャンフィリップ・クルトワ氏

 今後は、クラウド関連の業務に従事する社員の割合を現在の7割から1年後には9割に増やし、全社レベルで完全にクラウドにコミットして、クラウド分野のリーダーシップをとっていきたいと意気込みを語っている。

 また、マイクロソフト株式会社 チーフエバンジェリストの西脇資哲氏がいくつかデモを行い、Excelのファイルをドラッグ&ドロップでクラウドにアップし、ブラウザ上でクライアント環境と同様の操作が行えることや、オンプレミスのデータとクラウドのデータをシームレスに連携できる様子を示した。競合技術の違いについては「新しいことをやろうとすると必ずコストや犠牲になる部分が発生するが、マイクロソフトのソリューションでは既存技術をそのまま活かせ、また環境の組み合わせも自由なため、顧客からのコスト削減の要望に対応しやすい」と説明している。

マイクロソフトの技術を利用すると幅広いプラットフォームのニーズに対応できる
マイクロソフトの技術を利用すると幅広いプラットフォームのニーズに対応できる

 マイクロソフト株式会社 代表執行役社長の樋口泰行氏は、「クラウド時代にあってもマイクロソフトのミッションはソフトウェア。シームレスな連携、シームレスな移行が次世代コンピューティングには重要。クラウドを最優先の戦略的分野と位置づけ、法人向けクラウドサービスやサポートの強化、パートナーとの連携拡大、日本の法や商習慣にあった品質の徹底追求を行う」と、日本における今後の取り組みについて述べた。

 なお、クラウドに関する日本語サイトも本日からオープンしている。

 
【関連リンク】
マイクロソフト クラウド We're all in.

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5