CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

サンプルソースで理解する! Flash Builder 4新機能チュートリアル

Flex 4マスターシリーズ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/05/26 14:00

 本稿では、Flash Builder 4の新機能について紹介します。Flex Builder 3から追加された主な項目について、チュートリアルを交えながら解説していきます。

目次

本稿は、Adobe Developer Connection「Flex 4マスターシリーズ #02 Flash Builder 4 新機能」の転載記事です。「Flex 4マスターシリーズ」の他の記事を読みたい方はコチラからどうぞ。

はじめに

 このチュートリアルでは、Flash Builder 4の新機能について紹介します。Flex Builder 3から追加された主な項目について、チュートリアルを交えながら解説していきます。

必要なもの

Flash Builder 4 Premium Edition
※編集部注

Flash Builder 4のインストール方法等は、下記の記事で紹介しています。

新機能紹介

 Flash Builder 4 では、Flex Builder 3のリファクタリング、デバッグ、プロファイラーについて、最も要望の多かった機能強化を行いました。

  • リファクタリング機能
    • 移動リファクタリング
  • デバッグ機能
    • 条件付きブレークポイント
    • 監視ポイント
    • 指定行まで実行
    • 式評価
  • プロファイラー機能(Premium Editionのみ)
    • オブジェクト参照

移動リファクタリング(サンプルプロジェクト : RefactoringSample.fxp)

 次のようなプロジェクトを用意して、com.adobe.controlパッケージのMyComponentクラスをcom.adobe.containerパッケージに移動します。

図 01. RefactoringSampleプロジェクトのパッケージ
図 01. RefactoringSampleプロジェクトのパッケージ

 MyComponent.asを選択して、パッケージエクスプローラーのメニューを開き、「移動」を選択します。

図 02.パッケージエクスプローラーのメニュー
図 02.パッケージエクスプローラーのメニュー

 「移動」のダイアログボックスが表示されますが、移動先パッケージを指定して[OK]ボタンを押すと、クラスファイルが指定パッケージに移動されます(com.adobe.containerパッケージを指定)。

 このとき、「参照を更新」チェックボックスは、デフォルトで選択されている状態になっているので、移動したクラスファイルはリファクタリングされますが、「参照を更新」チェックボックスを非選択状態にして[OK]ボタンを押すと、リファクタリングされず、クラスファイルのパッケージ移動のみ行われます。

図 03. 「移動」ダイアログボックス
図 03. 「移動」ダイアログボックス

 また、「文字列リテラル内のテキスト発生を更新(プレビューを強制)」チェックボックスを選択して[プレビュー]ボタンを押すと、リファクタリング対象の情報を確認できます。

図 04. 「移動」ダイアログボックス
図 04. 「移動」ダイアログボックス
図 05. 「移動」リファクタリングのプレビュー
図 05. 「移動」リファクタリングのプレビュー

 com.adobe.containerパッケージにMyComponent.asが移動されリファクタリングされました。

図 06. RefactoringSampleプロジェクトのパッケージ
図 06. RefactoringSampleプロジェクトのパッケージ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Adobe Developer Connection

もっと読む

著者プロフィール

  • 廣畑 大雅 (taiga)(ヒロハタ タイガ)

    taiga.jp フリーランスの Web ディレクター/デザイナー。 Flash コンテンツ、Flex アプリケーションの設計/開発を中心に活動中。 Adobe 公式ユーザグループ F-site にも懇親会専用スタッフとして活動する。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5