CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ASP.NET MVC 3 リリース候補版のお知らせ

ScottGu's Blog翻訳

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/11/15 14:00

目次

パーシャル・ページの出力キャッシュ

 ASP.NET MVCは、ページ全体のレスポンスの出力キャッシュを、V1からサポートしてきました。ASP.NET MVC V3(本日のRCから開始)では、パーシャル・ページの出力キャッシュのサポートも可能になりました。これにより、簡単にレスポンスの断片(すべてではなく)を出力キャッシュできます。

 ページの断片を出力キャッシュするのは、非常に簡単です。描画しているビュー内から起動する子アクションの中に、出力キャッシュしたい領域をカプセル化するだけです。例えば、以下に製品一覧ページがありますが、『本日のスペシャル』セクションも同じページに出力するとします。

 上記では、Html.Actionヘルパーメソッドを使って、SalesController.DailySpecials子アクションメソッドを呼び出しています。上記ではカテゴリパラメータを引き渡しており、それにより、ユーザーが現在見ている製品のタイプに基づいて、『本日のスペシャル』の表示をカスタマイズできます(これにより、もしユーザーが『コンピュータ』製品を見ている場合は、コンピュータのスペシャル一覧を表示し、もし『赤ちゃん』製品を見ている場合は、おむつのスペシャル一覧を表示します)。

 以下は、SalesController.DailySpecialsメソッドの簡単な実装です。適切な製品一覧を取得し、Razorのパーシャル・ビューテンプレートを使用して、レスポンスを返し描画します。

 上記のDailySpecialsメソッドが、どのような[OutputCache]属性を持っているか確認してください。これは、描画されるその部分コンテンツが、キャッシュされることを示しています(3600秒間/1時間)。そのキャッシュされたコンテンツが、自動的にカテゴリパラメーターに基づいて、変化することも示しています。

 もし製品のカテゴリが10種類あった場合、DailySpecialsメソッドは、10個の異なるスペシャル一覧をキャッシュすることになるので、適切なコンテンツ(コンピュータやおむつ)が、ユーザーが見ている製品カテゴリに応じて出力されます。

重要:

 部分コンテンツがキャッシュから出力された場合、データベースアクセスやロジック処理が起こらないので、サーバーへの負荷の軽減や、応答時間のスピードアップにつながります。

 この新しいメカニズムにより、アプリケーションへパーシャルページの出力キャッシュを、非常にクリーンで簡単な方法で追加できます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Scott Guthrie氏 Blog翻訳

もっと読む

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト Chica(チカ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5