Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

SQL AnywhereとPowerDesignerを使ってHibernateスキーマを生成する(補足)

原文: Hibernate schema generation using PowerDesigner with SQL Anywhere – part deux

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/02/28 14:00

 このホワイトペーパーでは、PowerDesignerのバージョン12以上で提供されている Hibernateオブジェクトリレーショナルマッピングの総合的なサポートについて説明し、設定ファイル、マッピングファイル、JavaクラスファイルなどのHibernateアーティファクトの生成方法を紹介しています。 (原文:Hibernate schema generation using PowerDesigner with SQL Anywhere ? part deux、2010/07/06投稿)

 本稿はデータベースソフトウェア「SQL Anywhere」およびデータベース全般に関する英語ドキュメントを翻訳する形で提供しています。図など、部分的に英語のままになっていますが、製品のSQL Anywhere自体は完全に日本語化されていますのでご安心ください。

 「PowerDesignerを使ってHibernate 3.0の永続オブジェクトを生成する」と題したSybase PowerDesigner(注:サイベース日本法人でのPowerDesignerの国内正式提供はされていないため要問合せ)に関するホワイトペーパーをアップロードしました。このホワイトペーパーでは、PowerDesignerのバージョン12以上で提供されているHibernateオブジェクトリレーショナルマッピングの総合的なサポートについて説明し、設定ファイル、マッピングファイル、JavaクラスファイルなどのHibernateアーティファクトの生成方法を紹介しています。

 PowerDesignerのHibernateサポートにおける個々の機能について、特にSQL Anywhereのデータベースを使ったHibernateアプリケーションの作成を支援するPowerDesignerの活用法については、今後の記事で検討したいと思います。また、上記ホワイトペーパーでは具体的に触れなかったPowerDesignerのNHibernateサポートについても、いずれ解説するつもりです。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Glenn Paulley(Glenn Paulley)

    カナダ オンタリオ州 ウォータールー R&DセンターにてSQL Anywhere 開発における Director of Engineering としてクエリ・オプティマイザなどの開発をリードしている。 ・IvanAnywhere

バックナンバー

連載:Glenn Paulley氏 データベース関連ブログ 翻訳記事

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5