Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PHPアプリでメッセージキューサーバを活用する - Zend_Queue -

Zend Frameworkによる実践的なPHPアプリケーション開発 33

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/02/28 14:00

 本連載では、PHP上で動作するアプリケーションフレームワークであるZend Frameworkについて紹介していきます。今回は、Zend_Queueのアダプタの紹介、自分でアダプタを作成する方法、Stompプロトコルを利用してメッセージキュー管理サーバにアクセスする方法について説明します。

目次

はじめに

 本連載では、PHP上で動作するアプリケーションフレームワークであるZend Frameworkについて紹介しています。今回は前回に続き、分散アプリケーション間でのデータのやりとりを行うための方法の一つである「メッセージキュー」を利用するためのZend_Queueコンポーネントを紹介します。

 今回は、Zend_Queueのアダプタ(MemcacheqアダプタとPlatformJobQueueアダプタ)の紹介、次に自分でアダプタを作成する方法、そしてStompプロトコルを利用してメッセージキュー管理サーバにアクセスする方法について説明します。

対象読者

 PHPの基本構文については一通り理解している方を対象としています。

必要な環境

 Zend FrameworkはPHP 5.2.4以降とWebサーバがインストールされている環境で利用可能です。本稿ではWebサーバとしてApache 2.2を、OSにWindows XPを採用し、アプリケーションを作成していきます。

 以下に、今回アプリケーション作成/動作確認に用いた環境を示します(インストールにあたっては最新安定版の使用を推奨します)。各項目の詳細なインストール手順は、「サーバサイド技術の学び舎 - WINGS」より「サーバサイド環境構築設定手順」を参照ください。

  • Windows XP SP3
  • PHP 5.3.4
  • Apache 2.2.17

 LinuxやFreeBSDなどUNIX系OSをお使いの方もコマンドはほぼ一緒なので、パスなどは適宜読み替えてください。

メッセージキューサーバの特徴

 Zend_Queueコンポーネントのアダプタは、前回紹介した3種類に加えて今回紹介する2種類で5種類全てが出揃います。ここで、それぞれのアダプタがメッセージを格納する方法について、特徴をまとめておきます。

Zend_Queueのアダプタの特徴
名前 格納方法 長所 短所
Array PHPの配列 簡単に利用できる プロセス間の通信には使えない、テスト用
Activemq Apache ActiveMQ 本格的なメッセージキューサーバを利用 複数のキューに対応していない
Memcache MemcacheQ 高速 タイムアウトが使えない、UNIX系の環境が必要
Db Zend_Db さまざまなDBを利用できる メッセージキュー専用サーバでない
PlatformJobQueue Zend PlatformのJob Queue ジョブを直接登録 古いプラットフォームにのみ対応

 Arrayアダプタは、ローカルな配列を利用しているため、プロセス間通信には使えません。あくまでもプログラムのテスト用だと思ってください。

 Apache ActiveMQはメッセージキュー管理専用のサーバで、本格的な分散環境のメッセージングに利用できます。ただし、Activemqアダプタが対応していないため、createメソッド、deleteメソッド、getQueuesメソッドを利用できません。複数のキューを利用したい場合には、キューごとにZend_Queueオブジェクトを作成する必要があります。

 MemcacheQはUNIX系の環境で動作する前提で作成されているため、Windows上で利用するのはひと工夫必要になります。また、通常のキューと違い、メッセージはキューから取得されたらすぐに削除されます。そのため、タイムアウト時間は意味がありませんし、deleteMessageメソッドを利用できません。

 DbアダプタはZend_Dbコンポーネント経由でアクセスしたデータベースにメッセージを格納します。メソッド等に特に制限はありませんが、汎用のデータベースを利用するため、メッセージキュー管理専用のサーバと比べてパフォーマンスが低下する可能性があります。

 Zend PlatformのJob Queueは通常のメッセージキュー管理サーバではなく、PHPのスクリプトをジョブとして登録するサーバです。ただし、最新のプラットフォームであるZend Serverではなく、少し古いZend Platformに対応した技術であるといった制限があります。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト 風田 伸之(カゼタ ノブユキ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Zend Framework入門

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5