Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Oracleの「Developer」で作成された画面をCurlで実装!

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

そのほかの注意点

 Developerは元々C/S環境を源流とする開発ツールで、Curlは、当初より「エンタープライズRIA」に取り組んでいる言語です。C/Sシステムから本格的なWebシステムへ移行するにあたり、いくつか考慮すべきことがあります。

排他制御について

 C/S環境のシステムでは、悲観的排他制御を行うケースが見受けられますが、一般的なWebシステムでは、楽観的排他制御を用いるのが常道です。

セッション管理について

 C/S環境のシステムにおけるDBとのセッションは、1システム利用者=DBセッションとなることがほとんどかと思いますが、Webシステムにおけるセッションは、以下の2つが存在し、1Webクライアント≠DBセッションです。

  • クライアント・Webサーバ間のセッション
  • Web(AP)サーバとDBサーバとのセッション

 C/S環境のシステムにて一時領域にデータを書き込む際にクライアントのキーとしてDBセッションを用いている場合などは、WebのセッションIDを書き込むように変更するなどの考慮が必要です。

参考情報

マニュアル(ヘルプ)

 Curlヘルプドキュメントは、Curl言語の記述方法やAPIの解説方法のほか、各種ツールも紹介しています。このヘルプドキュメント自体も、CurlのAPIで構築されています。

Curl ヘルプドキュメント
Curl ヘルプドキュメント

 特筆すべきは、Curlのソースコードをその場で書いて確認できる機能です。ヘルプに記載されているサンプルコードのほとんどは、その場で実行することができます。また、ヘルプドキュメント自体がCurlのエディタとなっており、その場でコードのカスタマイズを行うことも可能です。

サンプルコードのほとんどはその場で実行可能
サンプルコードのほとんどはその場で実行可能
  • Curlの開発者ガイドHTML版(上記の機能はありません)

     Curl開発環境に付属しているCurlの開発者ガイドなどをhtmlに変換したページ

 マニュアルは、体験版の開発ツールに同梱されています。ダウンロード先はこちらです。

困った際のトラブルシューティング

 両者の言語ともに、サポートサービスは提供しているものの、Web上には一般的な知識として、Javaほどの情報量は出回っていません。Curlには、コミュニティサイトがあり、困った際はこちらに投稿することもできます。Curlを開発しているエンジニアが回答してくれることもあるため、非常に心強いです。

そのほかの公開サイト

  • Curl Apps Gallery

     Curlで作られたサンプルデモプログラムをWeb上にて公開。Curlの技術を使用したアプリケーションの投稿や、投稿されたアプリケーションの検索/実行/ダウンロードが可能

  • Developer Center

     Curl言語技術者向けサイト。Curlの逆引きリファレンス、Curlに関するよくある質問(FAQ)などの有用な情報を多数掲載

セミナー・トレーニング

  • Curl WBT(Web Based Training)

     E-learningツールを使用してオンラインでトレーニングを公開。時間や場所に制限されず、利用者の都合に合わせてトレーニングを進めることが可能

  • 各種セミナー・トレーニング情報

     Curl導入検討から開発、運用に到る様々なフェーズをサポートする「Curl プロフェッショナルサービス」の情報はこちら



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:CurlデベロッパーセンターPick Up

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5