Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

アシスト、Oracle DBの稼働状況を診断する「パフォーマンス・セラピー」開設

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/09/29 17:40

株式会社アシストは9月28日、「Oracle Database」の稼働状況を自動的に診断しレポートを出力する会員制有償ポータル・サイト「パフォーマンス・セラピー」を開設を発表した。

 株式会社アシストは9月28日、「Oracle Database」の稼働状況を自動的に診断しレポートを出力する会員制有償ポータル・サイト「パフォーマンス・セラピー」の開設を発表した。1年契約の有償サービスだが、会員登録後30日以内は無償で利用できる。

 今回、開設したサイトは、Oracle標準のパフォーマンス分析ツールである「Statspackレポート」のパフォーマンス統計情報から、診断項目値推移のグラフ化や、集積情報から診断項目の比較情報を提供するもの。定期的に取得した診断項目値の推移を視覚的に確認したり、Oracle初心者が状況把握しにくいテキスト形式で提供される、各種パフォーマンス関連情報が手軽に利用できるようになる。

 利用方法としては、同サイト上で会員登録を行い、「Statspackレポート」をアップロードすると、データベースの稼働状況に関するレポートを参照できる。また利用者の登録情報を業種や業務カテゴリに分けて蓄積可能。そのため、同じような業務で使用している他のデータベース・システムと比較し、自システムの負荷状況を判断したり、ハードウェア選定を行う際の判断基準にすることができる。

 尚、同社では、Oracleユーザの幅広い利用促進のため、2007年2月28日までに登録した場合は、同年3月31日まで無償で提供する「特別無料トライアル・キャンペーン」を実施するとしている。

ニュースリリース:アシスト、Oracle DBの稼働状況を診断共有するWebサイト「パフォーマンス・セラピー」開設
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5