Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

東陽テクニカ、ソフトウェア構成管理ツール「PERFORCE 2011.1」を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/12/14 16:14

 東陽テクニカは、米Perforce Software Inc.のソフトウェア構成管理ツールの新バージョン「PERFORCE 2011.1」を、2012年1月に発売する。ユーザロックライセンスを採用しており、税抜き価格は12万円(ボリュームディスカウントあり)。

 「PERFORCE」は、ソフトウェア開発におけるソースファイルやドキュメントなどの成果物の構成、変更履歴、派生開発における分岐(ブランチ)や統合(マージ)の履歴を管理するためのソフトウェア構成管理ツール。独自の通信プロトコルを用いた高速データ転送、グラフィカルユーザインタフェースによるユーザビリティの高さ、アクセス制御などの管理作業のしやすさが特長となっている。また、大規模開発にも耐えうるスケーラビリティを備える。

 新バージョンでは、成果物の集まりが更新されていく過程である「コードライン」を具現化しており、メインの開発ライン、別のラインから派生した開発ライン、リリース済みの成果物のメンテナンスラインなど、ライン間の関係をより明確に定義できる「ストリーム機能」を搭載し、ツールがライン間の関係を自動監視し、マージの必要性をユーザーに通知するなどの支援を行ってくれる。

 さらに、ライン間の関係を可視化する「ストリームグラフ」を搭載することで、開発ラインの状態とマージの必要性を視覚的に理解できるようになっている。

ストリームグラフ
caption

 ストリームグラフは、ファイル単位ではなく開発ラインを単位としており、ライン間を結ぶ緑のラインは、マージの必要性を示す。このように、マージが必要なラインを視覚的に示すことで、マージ忘れを防ぐとともに、ライン間の関係に煩わされることなく、構成管理を行える。

 対応OSは、Windows 7/Vista/XP、Windows Server 2008R2/2003、Linux Kernel 2.6、Solaris 10、Mac OS X。


【関連リンク】
東陽テクニカ
Perforce Software Inc.
「PERFORCE」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5