CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本マイクロソフト、「Microsoft SQL Server 2012」を4月1日に発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/03/27 10:10

 日本マイクロソフトは、「Microsoft SQL Server 2012」の企業向けのボリュームライセンスを4月1日、パッケージ版を5月18日に発売する。

 Microsoft SQL Server 2012は、「AlwaysOn(オールウェイズオン)」機能によって障害発生時に数秒でフェイルオーバーできる高可用性と、通常時に待機系を読み取り処理に活用することで負荷分散を実現するとともに、「カラム ストア インデックス」機能によって、大量のデータをより高速に集計が可能。これにより、ビッグデータ時代に求められる高可用性と、高いパフォーマンスを実現している。

 また、誰もが使い慣れたWebブラウザをインタフェースとする「Power View」機能を新たに搭載しており、クリック操作だけで高度なデータ可視化を実現できる。さらに、パブリッククラウドデータベースである「Microsoft SQL Azure」とコードベースを完全に共通化し、社内設置型とクラウドにおいて、シームレスな運用管理と、アプリケーション開発環境を提供する。

 ボリュームライセンスの参考価格は、Enterpriseエディションの場合、ライセンスはコアライセンス(2コアパック)で、「Open Business」が2560,000円、「Select Level A」が1673,200円。新たに提供されるBusiness Intelligenceエディションの場合、ライセンスの種類はサーバライセンスで、「Open Business」が1470,000円、「Select Level A」が1045,000円。

 Standardエディションのコアライセンス版(2コアパック)は、「Open Business」が667,000円、「Select Level A」が436,400円。同じくStandardエディションのサーバライセンス版は「Open Business」が153,000円、「Select Level A」が109,200円。クライアントアクセスライセンス(CAL)は、「Open Business」が33,300円、「Select Level A」が25,500円。

 なお、Microsoft SQL Server 2012の発売前に、現行の「SQL Server 2008 R2」をソフトウェアアシュアランスと一緒に購入したユーザーを対象に、安価でMicrosoft SQL Server 2012へアップグレードできるキャンペーンを実施する。


【関連リンク】
日本マイクロソフト
「Microsoft SQL Server 2012」
「キャンペーン情報」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5