Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS、東京リージョンに新しいアベイラビリティゾーンを開設

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/09/13 12:20

 アマゾンウェブサービス(AWS)は、AWS東京リージョンが新しいアベイラビリティゾーンの開設によって、さらにデータセンター群を追加したと、13日に発表した。これによって、東京リージョン開設から2年以内で、AWSの東京リージョンにおけるアベイラビリティゾーンは合計3つとなる。

 アベイラビリティゾーンは、1つのAWSインフラストラクチャリージョン内にある、複数の箇所に位置するデータセンター群。他のアベイラビリティゾーンから独立して運営できるよう、独立した電力、冷却、および物理的セキュリティを備える。低レイテンシネットワークを通じて相互に接続されており、多くの企業が高い耐障害性と復元力を実現するアプリケーション設計のため、AWSリージョン内の複数のアベイラビリティゾーンを利用している。

 現在、AWSはアメリカ、欧州、ブラジル、日本、シンガポールなどのデータセンター拠点を持ち、世界190か国以上、数十万社におよぶ企業や政府・官公庁、スタートアップ企業のビジネスを支える。日本では、アンリツ、京セラドキュメントソリューションズ、朝日新聞社Asia & Japan Watch、朝日新聞社、毎日新聞社、ガリバーインターナショナル、三井物産、電通、ケンコーコムなど、すでに数千の企業がサービスの構築や事業の運営のために、AWSを利用している。


【関連リンク】
アマゾンウェブサービス

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5