Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Linux Foundation、「LinuxCon Japan 2013」および「Automotive Linux Summit Spring 2013」の発表者を募集

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/01/24 14:25

 The Linux Foundationは、5月に東京で開催する国際的な技術会議「LinuxCon Japan 2013」および「Automotive Linux Summit Spring 2013」の発表者募集(Call for Participation:CFP)を、23日に開始した。発表案は、The Linux FoundationのWebサイトにて、2月28日23時55分まで受け付ける。

 「LinuxCon Japan 2013」は、アジア地域における最大のLinuxカンファレンスで、5月29日~31日にホテル椿山荘東京において開催する。

 5回目となる今回は、昨年同様にエンタープライズやクラウド、モバイル、組込、リーガルなど、Linux/OSSに関する幅広い分野の発表を網羅する。日本と世界のLinuxコミュニティの交流を促進し、企業や開発者が直面している課題を解決していく場として、広く発表者を募集している。

 推奨される発表テーマは次の通り。

  • モバイル(スマートフォンやタブレットなど)とLinux
  • オープンソース コンプライアンス
  • クラウドコンピューティング
  • 企業におけるLinuxの最適化
  • データセンターや組込み分野における顕著なLinuxパフォーマンスの事例
  • カーネル
  • Linuxシステムの管理(トレーシング)
  • 仮想化
  • システム管理のためのセキュリティとベストプラクティス
  • ファイルシステム
  • Linux とOSSコミュニティが直面している法務的問題
  • ライフスタイル、生産性、文化など、Linuxエコシステムに影響を与える非技術的なものを総合的に

 「Automotive Linux Summit Spring 2013」は、日本発のグローバルLinuxイベントで、2013年5月27日~28日にホテル椿山荘東京において開催する。2011年12月に横浜で第1回が開催され、昨年の英国での開催を経て、日本に開催地が戻ってきた。

 2012年9月に発足したLinux Foundationのワークグループ「Automotive Grade Linux」や、「Genivi」「Tizen」など、自動車産業におけるLinux/OSSイノベーションに取組む企業や開発者なら、誰でも参加できるオープンな技術カンファレンスとなっている。

 推奨されるテーマは次の通り。

  • Linux 車載システム(インフォテインメント、カーオーディオ、計器など)
  • ミッションクリティカルアプリケーション向けのLinux
  • グラフィック、暗視スコープ、および拡張現実(augmented reality)
  • テレマティクスや緊急通報サービス
  • 仮想化
  • 車とクラウド
  • 移動中の車両へのライブコンテンツ配信
  • 車車間通信、および路車間通信
  • Automotive-grade Linux(長期可用性、堅牢性など)
  • OTA(Over The Air:無線通信利用)システムのアップデート/アップグレード
  • 法律関連の問題、ライセンス、コンプライアンス
  • 車載通信バス
  • スマートロード対応計器
  • セキュリティとプライバシー
  • ライフスタイル、生産性、文化など、自動車関連のLinuxに影響を与える非技術的なもの
  • エンジン管理、エアバッグ、アンチロックブレーキなど、ミッションクリティカルなシステムのためのLinux


【関連リンク】
The Linux Foundation
「LinuxCon Japan 2013」
「Automotive Linux Summit Spring 2013」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5