Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

マイクロソフト、Windows Vista互換性確保の支援策を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/11/21 18:20

マイクロソフトは開発者向けにWindows Vista互換性検証の各種支援策を「Windows Vista対応支援センター」として展開すると発表した。併せて、Windows Vista互換性情報サイトの開設や、互換性に関するツールの無償提供を通して、Windows Vistaへのアップグレードを支援する。

 マイクロソフト株式会社は21日、ハードウェアおよびソフトウェアを開発する開発者向けに、Windows Vista向け互換性検証の各種支援策を「Windows Vista対応支援センター」として展開すると発表した。ポータルサイトである「Windows Vista 対応支援センターサイト」は12月1日(金)より開設される。

 併せて本日よりWindows Vista互換性情報サイトを立ち上げ、Windows Vistaへのアップグレードを支援する。Windows Vistaで標準サポートされる周辺機器のリスト、ならびにハードウェアおよびソフトウェアパートナー各社のWindows Vista対応情報を集約し、一元的に提供する。

 また、マイクロソフトは、互換性の確認や診断を行うツールである「Microsoft Application Compatibility Toolkit」および「Windows Vista Upgrade Advisor」の無償提供も開始すると発表した。

 「Microsoft Application Compatibility Toolkit」はWindows Vistaでのアプリケーションの互換性に関する検証、テストを行うための移行支援ツール。英語版のみの提供だが、日本語版アプリケーションの検証、テストも可能。日本語版のステップ・バイ・ステップガイドと共に、2007年1月を目処にTechNetサイトにて提供する予定。

 「Windows Vista Upgrade Advisor」は現在利用中のWindows XP搭載PCをWindows Vistaにアップグレードするにあたり、最適なWindows Vistaエディションや、追加で必要なハードウェアの有無を診断、結果をレポートするツール。現時点では英語版のみの提供だが、これも2007年1月を目途にWindows Vista Get Readyサイトにて日本語版を提供する予定としている。

プレスリリース:Microsoft(R) Windows Vista(TM)の提供開始に向け、「Windows Vista対応支援センター」を開始
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5