Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

画像をスライド表示するWPFアプリケーションの作成

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/10/30 14:00

 前回の記事「コンテンツをスライド表示するWPFアプリケーションの作成」では、テキストをスライド表示するアプリケーションを作成しました。今回は、タイルに複数の画像を組み込みスライド表示し、画像をクリックすると拡大表示するアプリケーションを作成してみます。

目次
タイル内の画像をスライド表示させる
タイル内の画像をスライド表示させる
画像をクリックすると拡大表示する
画像をクリックすると拡大表示する

対象読者

 Visual Basic 2010/2012、またはVisual C# 2010/2012を使ってプログラムを作ったことがある人。

必要な環境

 Visual Basic 2010/2012、Visual C# 2010/2012、Visual Studio 2010/2012、SQL Server Expressでプログラムが作れる環境。

 なお、本プログラムは次の環境で開発・動作確認を行っています。

  • OS:Windows 7
  • 開発Tool:Visual Studio 2010、.NET Framework 4

プログラム実行時の注意事項

 本稿の実行ファイル(バイナリファイル)を動かすには、zipファイルに同梱してある以下のファイルが必要になります(.NET Framework 4でのみご使用いただけます)。

ファイル名 説明
C1.WPF.4.dll 本体アセンブリ
C1.WPF.Tile.4.dll 本体アセンブリ

 このファイルを、実行プログラムと同じフォルダに格納します。

コンポーネントのインストール

 トライアル版は、グレープシティのWebページから申し込みできます。

 トライアル申込フォームが表示されますので、必要情報を入力して申し込むとトライアル版のダウンロード手順を記載したE-Mailが送られてきます。その手順にそってダウンロードを行ってください。また、ダウンロードファイルは圧縮ファイルになっていますので、解凍してインストーラを起動します。

 制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールと参照の追加

 ComponentOne Studio 2013Jをインストールしたら、プロジェクトにコントロールを追加します。

 ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。

 追加するコンポーネントは、アセンブリ名が「C1.WPF.Tile.4」の「C1Tile」コントロールです。

アセンブリ名がアセンブリ名が「C1.WPF.Tile.4」の「C1Tile」コントロールを選択する
アセンブリ名がアセンブリ名が「C1.WPF.Tile.4」の「C1Tile」コントロールを選択する

 また、プロジェクトに以下のランタイムライブラリへの参照を追加してください。

ファイル 内容
C1.WPF.4 本体アセンブリ
C1.WPF.Tile.4 本体アセンブリ
C1.WPFとC1.WPF.Tileを参照に追加
C1.WPFとC1.WPF.Tileを参照に追加

 参照を設定すると、プロジェクトに以下のランタイムライブラリが追加されます。

ファイル 内容
C1.WPF.4.dll 本体アセンブリ
C1.WPF.Tile.4.dll 本体アセンブリ

 なお、.NET Framework 4が必要です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5