CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【夏サミ2014】B2セッションレポート
超速で電話機能をアプリに実装、クラウドが推し進める継続的デリバリー

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/09/08 14:00

 リリースされたアプリケーション・サービスの優位性やユーザー体験は、時間の経過とともに低下する。インパクトを維持し、高めていくためには、継続的デリバリーにより価値を提供する必要がある。そのための環境を計画し整備するためには、多くの予算とプロセスが必要だったが、その状況がクラウドイノベーションにより劇的に変化している。江木典之氏のセッションでは、新たなクラウド型アプリケーション開発について、IBMの新しいクラウド型サービスの紹介を交えながら語られた。

目次
日本アイ・ビー・エム株式会社 Rationalテクニカル・セールス 江木典之氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 Rationalテクニカル・セールス 江木典之氏

クラウドがアプリケーション開発環境を劇的に変えている

 江木典之氏は「クラウド技術に代表されるテクノロジーイノベーションが、DevOpsと継続的デリバリーを推し進めるドライバーになりつつある」と語る。

 アプリケーション開発におけるクラウドの重要性は、数字でも裏付けられている。たとえばIBM 2013 Annual Reportでは、以下のように示されている。

  • 今後、新規に開発されるソフトウェアの85%がクラウド対象となる。
  • すべてのアプリケーションの4分の1がクラウドで利用可能になる。
  • 開発者の4分の3が、アプリケーション開発にクラウドサービスを利用。

 本セッションのテーマは「クラウドによりアプリケーション開発の環境、やり方がどう変わっていくか」になる。中でも江木氏が注視しているのが「ジャスト・イン・タイムな開発」だ。つまり「必要な時に、必要な物を、必要な分だけ作る」こと。

 従来、開発プロジェクトを開始する際、開発・実行環境の調達にはまとまった予算と多くのプロセスが必要だった。それがクラウドでは、ユーザー登録と招待だけで、数十秒で環境を入手することができる。加えてWeb APIの利用により、クラウドで提供されるサービスや機能を組み合わせて、アプリケーションを構築できる。例えばGoogleマップを利用したアプリケーションなどが分かりやすい。さらに人的リソースも、クラウド・ソーシング会社を介して調達できる。クラウドにより、初期投資を抑えた早いリリースが可能となっている。

 ただ江木氏は「素早く動くものをリリースできれば十分なのか?」と疑問を呈す。なぜなら「サービスの優位性やユーザー体験は、時間とともに低下する」からだ。その要因として挙げられるのが「ライバルが同じようなサービスを出す」「もっと魅力的なサービスが出る」「登場インパクトの賞味期限」などになる。

 頻繁に価値を提供しない製品・サービスは、どんどんインパクトを失っていく。優位性を保つにはやはり、継続的デリバリーが重要で、価値/UXが落ちないようにキープしなければならない。そこでもっとも重要となるのが、ユーザーからのフィードバックの継続的な獲得だ。つまりデリバリーとフィードバックのループを、どれだけ早く回せるかにかかっている。

頻繁に価値を提供する
頻繁に価値を提供する

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

    CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

バックナンバー

連載:【夏サミ2014】セッションレポート
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5