CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

米Google、Android端末向けのSDKとAPIのセット「Google Play Services 6.1」の新機能をブログで紹介

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/09/17 16:40

 米Googleは、同社が開発した最新の機能を、簡単にAndroidアプリに組み込めるSDKおよびAPIのセットの最新版となる「Google Play Services 6.1」の新機能を、「Android Developers Blog」の9月16日(現地時間)付け記事にて紹介した。

 「Google Play Services 6.1」では、バージョン5.0で実装した強力なEコマースにGoogle Tag Managerのサポートを追加しており、モバイルアプリからのタグのアップデートや管理を容易にし、ユーザーからのフィードバックの確認や、ユーザー獲得イベントの実施などを可能にしている。

 また、Google Drive Android APIの拡張によって、サーバとの応答性を向上するとともに、マテリアルデザイン要素はファイルピッカーUIに組み込まれ、最近使った項目やよく使う項目の読み込みにも対応するなど、Google Driveをより簡単に使えるようにした。さらに、従来のコンテンツクラスをよりシンプルな DriveContentsクラスに置き換え、setParents()メソッドでファイルやフォルダを操作できるようにしている。

 このほか、Google Fitの開発者向けプレビューは、さまざまなAndroid搭載デバイス上でのフィットネスアプリのテストに対応した。なお、Googleは今後もGoogle Fit関連APIのさらなる修正を検討しており、開発者に対して新機能のチェックやフィードバックを求めている。

 「Google Play Services 6.1」は、近日中にリリースされる。


【関連リンク】
グーグル
「Android Developers Blog」の該当記事(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5