CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Liferayポータルと、XML Portlet Factoryを使ってCRUDを備えたポートレットを自動生成する

Liferay 6.2を使ったWebコンテンツの作り方 第4回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウンロード sources.zip (5.9 KB)

 第3回目では、モバイルアプリ(iOS)のバックエンドとしてLiferayポータルを使う例を紹介しました。今回はLiferayのコアデベロッパーであるJuan Gonzalezが作成したXML Portal Factoryを使用して、XMLを使ってCRUD機能を自動生成させてみます。いわゆるRuby on Railsなどで使えるScaffolding(作成、編集、削除、閲覧機能の雛形を自動生成する)に近いことをLiferayでもできるようになります。

目次

Liferayとは?

 Liferayポータルは中・大規模Webシステムを構築するのに適した、オープンソースのWebポータルアプリケーションフレームワークです。Apache Tomcat、JBoss、WebSphereといった主要なアプリケーションサーバ/Webコンテナ上で動作します。簡単に拡張可能なWebコンテンツ管理に加え、ユーザー/組織/ユーザーグループ/サイトという概念を用いたユーザー/サイトの認証管理や、ワークフロー(Kaleo Workflow)を用いた承認プロセスの組み込みも、Liferayポータルプラットフォームに標準機能として組み込まれているため、スクラッチから開発するのと比べて工数を大幅に削減することが期待できます。

 ビジネスアプリケーションに必須の機能が、Liferay Portalには標準で備わっているため、企業システムを構築する際に要求される複雑な組織構造やサイト構造、認証管理や承認プロセスも、簡単に自システムに組み込むことが可能になっています。

 具体的な例としては、米国トヨタ(オーナー会員向けポータル)、シスコシステムズ(開発者向けコミュニティサイト)やセサミストリート、ルフトハンザ航空、フォルクスワーゲン、ダノン、シーメンス、国連やアリアンツ(保険、顧客用ポータル)などが挙げられ、さまざまな分野のWebシステム構築基盤として使われています。

対象読者

  • Webポータルを低コストで構築したいと考えている方
  • オープンソースWebシステム構築基盤をお探しの方
  • 複数のサイトを持ち、柔軟にスケールするイントラネットを構築したい方

必要な環境

 Windows 7/8(Mac OS X、Linux上でも動作可能)、クアッドコアCPU、メモリ4GB以上のマシンを推奨。

  • OS:Windows 7
  • Java:1.7
  • 使用可能ブラウザ:Chrome 21以上、Firefox 14以上、Internet Explore 9と8、Safari 5.1以上

 詳しくは、第1回の記事『Webアプリケーションフレームワーク「Liferay」のWebコンテンツ作成機能』を参照してください。

Liferay IDEのインストール

 詳しくは、第2回の記事『Liferayの標準機能を使った検索機能の実装』を参照してください。

Liferay SDKのインストール

 次にポートレット開発に必要なツールキット、Liferay SDKをダウンロードします。

Liferay Plugin SDKのダウンロード
Liferay Plugin SDKのダウンロード

 先ほど解凍したLiferay IDEのルートディレクトリ直下に、解凍します。解凍したLliferay SDKのルートディレクトリ直下に、

build.ユーザー名.properties

を作成します。WindowsであればC:\Users\ユーザー名、Macであればホームディレクトリで、/Users/ユーザー名が該当します。/User/takeoであれば、build. takeo.propertiesという名前でファイルを作成してください。中に、

app.server.parent.dir=/Users/takeo/project/62ce

のように、デプロイ先のLiferayインスタンスのルートフォルダ(tomcat-7.0.42などの1つ上のフォルダ)を指定します。これを指定しないと、XML Portlet Factoryが生成したポートレットをターゲットのLiferayにデプロイできません。

XML Portlet Factoryの取得

 次にポートレット自動生成ツール、XML Portlet Factoryをダウンロードします(2015/1/12時点では「XMLPortletFactory_6.x-v3.0.zip」になります)。

 これもbuild.ユーザー名.properties同様、先ほど解凍したLiferay SDKのルートディレクトリ直下に配置します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 竹生 泰之(日本ライフレイ株式会社)(タケオ ヤスユキ)

    日本ライフレイ勤務。官公庁向け制御系システム開発、複合機のユーザーインターフェース開発、CRMのWebアプリケーションエンジニアを経て、現在はWebポータル/イントラネットのオープンソースアプリケーション、Liferayのコミュニティマネージャ/コンサルタントとして活動中。 BMX(バイシクルモト...

バックナンバー

連載:Liferay 6.2を使ったWebコンテンツの作り方
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5