CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本IBM、「Liberty Profile」のDevOps機能を強化、「IBM Application Server on Cloud」の提供も

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/06/16 17:50

 日本IBMは、企業でのWebアプリケーションの迅速な開発・導入や、ハイブリッド・クラウド環境への移行支援を目的に、「Liberty Profile」の最新版と「IBM Application Server on Cloud」の提供を開始する。

 「Liberty Profile」は、「IBM WebSphere Application Server」の軽量ランタイムで、今回提供を開始する最新版では、最新のJava Platform, Enterprise Edition 7(Java EE 7)に対応した。

 HTML5対応機能は、WebSockets、RESTfulなWebサービスによる相互連携、JSFの最新版などを追加しており、CDIおよびJPAの改善による開発生産性の向上や、Java Batchの機能追加も行われている。

 さらに、従来からのMavenやJenkinsといったDevOps支援ツールとの連携に加えて、オープンなコンテナ技術Dockerに対応し、DockerコンテナへのLiberty Profileサーバ組み込みを可能にした。また、WebSphere Application Server Developer ToolsとAdministration Center(Admin Center)の機能も拡張している。

 提供開始は6月27日で、「IBM WebSphere Application Server」のLiberty Coreエディション1プロセッサー・バリュー・ユニットあたりの税別ライセンス利用料金は3801円~。

 「IBM Application Server on Cloud」は、「IBM WebSphere Application Server」のフルプロファイル機能をSoftLayer上の専用インスタンスで実行できるサービス。サーバ、OS、「IBM WebSphere Application Server」の設定が事前に構成されており、アプリケーション基盤の構築時間を短縮し、迅速なアプリケーションのデプロイを可能にする。また、フルプロファイルによるワークロードのプロビジョニング機能や、HA機能が使える。

 使用量に応じた月額料金で利用でき、SoftLayer上の4コア、メモリ32GB、1TBのストレージでの占有インスタンス環境の月額利用料金は、税別で1175000円~。


【関連リンク】
日本IBM
IBM WebSphere

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5