CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Watsonで荒木飛呂彦先生の実年齢を推測!? ユニークなアイデアで「IBM Bluemix Challenge 2015」に挑戦!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/08 14:00

目次

今までにはないアイデアでコンテストにチャレンジしよう!

 Bluemixにはさまざまなサービスがあり、使い方次第でアプリの可能性は無限に広がります。まずはBluemixを触ってみて、いろいろ試しながら、何ができるかを考えるところから始めてみましょう。「IBM Bluemix Challenge 2015」にエントリーすれば、30日間の無料利用期間が、さらに30日間延長されます

 IBMでは、各地やオンラインでBluemixハンズオンセミナーを開催しています。IBM developerWorks日本語版木村氏のブログでもBluemixに関する情報を発信しています。ぜひ、参考にしてください。

Appendix:Bluemixを使ってみよう

 Bluemixは、「IBM Bluemix Trial」に登録すると、すべての機能を30日間無料で利用できます。

 また、ランタイムやサービスごとに無料プランが設けられています。無料プランの範囲内であれば、期間に関係なく無料です。例えば、「Insights for Twitter」の無料プランでは、最大500万件のツイートを取得し、利用することができます。

 無料利用期間の経過後、無料プランの範囲を越えると課金されます。基本的には従量課金ですが、企業であれば月額課金契約が可能です。

ランタイムやサービスごとに無料プランが設定されている
ランタイムやサービスごとに無料プランが設定されている

Bluemixのアカウントを作ろう

 Bluemixを利用するには、「IBM Bluemix Trial」に登録してアカウントを作成します。

  1. Bluemixのサイトにアクセスして[無料で開始]をクリックします。
  2. メールアドレス、パスワード、名前など必要な情報を入力して[登録]をクリックします。IBMのサイトやコミュニティを利用するために必要なIBM IDを持っている場合には、IBM IDとパスワードを入力して登録します。
必要な情報を入力してIBM Bluemix Trialに登録
必要な情報を入力してIBM Bluemix Trialに登録
  1. 登録が完了すると、入力したメールアドレス宛てにメールが届きます。メールの本文内の[Validate Email Address]をクリックすると、Bluemixを利用できるようになります。
[Validate Email Address]をクリック
[Validate Email Address]をクリック
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 坂井 直美(サカイ ナオミ)

    SE、通信教育講座の編集、IT系出版社の書籍編集を経てフリーランスへ。IT分野で原稿を書いたり編集したり翻訳したり。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5