Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google、BLEビーコンのためのフォーマット「Eddystone」を公開、Android/iOS向けアプリに実装可能なAPIも提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/15 14:50

 米Googleは、BLE(Bluetooth low energy)ビーコンのためのオープンなフォーマット「Eddystone」を、7月14日(現地時間)に、Apache v2.0ライセンスのオープンソースで公開した。

 「Eddystone」は、BLEビーコン関連企業との共同作業から教訓を得て生まれたもので、異なったユースケースを備えた複数のフレームタイプに対応しており、新機能を追加するためのバージョニングもサポートするとともに、Android、iOSをはじめとするBLEビーコンに対応するさまざまなプラットフォームで動作する。

 頻繁に変更され、認証されたクライアントのみでデコード可能な、「Ephemeral Identifiers(EIDs)」機能によって、Bluetooth Smart機器との接続性を重視する一方で、プライバシーやセキュリティにも配慮している。

 開発者向けの機能としては、Android/iOS向けアプリに、手軽にビーコン機能を実装できるNearby API、ビーコンによって得られた緯度/経度などの位置情報や、位置に関連したデータをクラウドから取得可能なProximity Beacon APIを用意しており、Places APIのような既存の位置情報APIから利用できるようにする。

 フレームフォーマットは拡張できるので、単一のBLEビーコン機器でさまざまなプラットフォームに対応している。また、今後はハードウェアメーカーなどとの密接な共同作業によって「Eddystone」認証プロセスを整備し、相互接続性も高めていく。

 このほか、ビーコン機器の障害発生に備えた「Eddystone’s telemetry frame(Eddystone-TLM)」を、「Proximity Beacon API’s diagnostic endpoint」と組み合わせて、ビーコン機器のバッテリ状態や移動のモニタリング機能を提供する。


【関連リンク】
Google
「Eddystone」(英語、GitHub)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5