CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

モダンな環境に対応する便利で多様なコンポーネント ~ バーコード/Excel/PDF/高解像度対応/タッチ操作/タイル

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/04/07 14:00

目次

TileControl

 TileControlを利用するとWindowsストアアプリケーションのようなタイル形式のレイアウトが実現できます。

TileControlはタイル形式のレイアウトが可能に
TileControlはタイル形式のレイアウトが可能に

 TouchToolkitのタッチ機能と併用することで、タッチ対応のアプリケーション開発が更に容易になります。

プロジェクトの作成

 「C1TileControlSample」という名前で、Windowsフォームアプリケーションを作成します。

C1TileControlSampleプロジェクトの作成
C1TileControlSampleプロジェクトの作成

C1TileControlコンポーネントの追加

 上部メニューの「ツール」→「ツールボックスのアイテムの選択」をクリックします。

 ポップアップした「ツールボックスアイテムの選択」ウィンドウの「.NET Framework コンポーネント」タブからC1TileControlにチェックを入れて「OK」をクリックします。

C1TileControlコンポーネントの追加
C1TileControlコンポーネントの追加

C1TileControlの配置

 ツールボックスのC1TileControlをデザイン画面のウィンドウ内にドロップします。

C1TileControlの配置
C1TileControlの配置

 デフォルトの状態である程度のひな型のレイアウトが組まれているので、今回はそれをデザイン画面から編集していきます。

C1TileControlの編集

タイトルの編集

 デフォルトの状態では「C1TileControl1」と表示されているタイトルを変更します。タイトルの文字を編集するにはC1TileControlの外枠部分をクリックして、「プロパティ」ウィンドウのTextプロパティから編集します。

タイトルの編集
タイトルの編集

グループ名の変更

 デフォルトの状態では「グループ1」と記されているグループ名を変更します。

 グループ1という文字をクリックするとグループ情報を編集できるポップアップウィンドウが起動します。

グループ名の変更
グループ名の変更

 ポップアップウィンドウの「グループのテキスト」で表示されているグループ名を変更できます。

グループの追加

 新しいグループを追加する場合はC1TileControlコンポーネントのグループ名の上部でマウスの右クリック→グループの編集をクリックします。

グループの追加
グループの追加

 「C1TileControl.Groupsコレクションエディタ」が起動しますので「追加」ボタンでグループを追加します。

新しいグループを追加する
新しいグループを追加する

 これだけでは画面にグループが表示されませんので、グループを構成するタイルを追加します。

 「C1TileControl.Groupsコレクションエディタ」で新しく追加したグループを選択し、Tilesプロパティの「(コレクション)」と書かれた部分をクリックします。

タイルを追加する
タイルを追加する

 Group.Tileコレクションエディタの追加ボタンでタイルを追加することで新しいグループが追加されました。

 タイルの編集も同様でデザイン画面でのC1TileControlの編集は「プロパティウィンドウ」または「クリックすることで起動するエディタ」「右クリックメニューから起動するエディタ」の3つで行います。

グループの追加結果
グループの追加結果

まとめ

 ComponentOne Studioのコンポーネントを紹介してきました。業務アプリケーションの開発経験をお持ちの方であれば一度は受けたことがある要望に対応したコンポーネントがあったのではないでしょうか?

 記事を書く中で、コンポーネントのほとんどが共通の操作で導入できた点も、ComponentOne Studioのようなコンポーネント群を使うメリットだと感じました。またタッチ対応や高解像度対応により、既存アプリケーションを開発コストを割くことなく新しいニーズに応えるアプリケーションに作り変えられる点もポイントです。

 今回紹介したコンポーネントはこれまでCodeZineで紹介していないコンポーネントの中から選択しましたが、ComponentOne Studioには今回紹介したもの以外にも多数のコンポーネントが含まれています。繰り返しになりますがComponentOne StudioはWindows Formsだけでなく、WPF、Windowsストアアプリ、ASP.NETなど複数のプラットフォームに対応しています。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5