CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ユーザーが定義可能なデータベースアプリケーションの構築(パート2)

メタデータの概念を使用して正規化されたデータベースの実装

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2005/06/15 08:00

前回の記事では、データベースを利用するユーザーが、細かい部分を自ら変更できるデータモデルの概要について説明しました。今回は、そのデータモデルを実際の現場で実装する際の詳細と、テーブルレイアウトについて解説します。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • Peter Scheffler(Peter Scheffler)

    オンタリオ(カナダ)出身の独立系コンサルタント。ビジネスクリティカルなデータベースアプリケーションを中心としたバックオフィスソリューションの開発を専門とする。さまざまなデータベース技術(SQL/Server、Oracle、mySQL、Access)、およびそれを利用するための技術(ASP/ASP.N...

  • japan.internet.com(ジャパンインターネットコム)

    japan.internet.com は、1999年9月にオープンした、日本初のネットビジネス専門ニュースサイト。月間2億以上のページビューを誇る米国 Jupitermedia Corporation (Nasdaq: JUPM) のニュースサイト internet.com や EarthWeb.c...

バックナンバー

連載:japan.internet.com翻訳記事

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5