Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Webアプリではまねできない、MultiRow&InputManを組み合わせた高機能入力フォーム

顧客と開発者の生産性を格段に向上させる、業務システムの画面UI 第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/06/02 14:00
目次

MultiRowで複雑なフォームを作成する

 MultiRow for Windows Formsをサンプルに導入して、利用するための作業の流れと、機能の概要を解説していきます。

プロジェクトの作成

 「MultiRowSample」という名前で、Windowsフォームアプリケーションを作成します。

MultiRowSampleプロジェクトの作成
MultiRowSampleプロジェクトの作成

MultiRowテンプレートの追加

 まずはコントロールの雛形になるテンプレートを作成します。

 ソリューションエクスプローラーのプロジェクト名の位置で右クリックから「追加」→「新しい項目」をクリックします。

項目の追加

 「新しい項目の追加」ウィンドウから「MultiRow 8.0 テンプレートウィザード」を選択し、ウィンドウ右下の「追加」をクリックします。

MutiRowテンプレートウィザード
MutiRowテンプレートウィザード

テンプレートウィザードの起動

 MultiRow 8.0テンプレートウィザードがポップアップします。ウィザード形式でテンプレート作成を進めることができます。

MutiRowテンプレートウィザード画面
MutiRowテンプレートウィザード画面

 テンプレートの種類は「セル数を指定してテンプレートを作成する」を選択します。

セル数を指定してテンプレートを作成する
セル数を指定してテンプレートを作成する

 テンプレートのモードでは、複数のレコードをどのように展開するかを選択します。ここでは「垂直方向に展開」を選択します。

展開方法の選択
展開方法の選択

 続いて、列・行のヘッダーの有無と垂直・水平方向の列数を選択します。

 今回は「行ヘッダーを生成する」のチェックを外し、水平方向のセル数を4、垂直方向のセル数を3に変更します。

テンプレートの行列数の指定
テンプレートの行列数の指定

 スタイルを選択します。左の各スタイルをクリックすると、右側でプレビューが確認できます。

 「Professional 2」を選択します。

スタイルの選択
スタイルの選択

 最後にテンプレート名を「SampleTemplate」と変更して「完了」をクリックします。

テンプレート名の変更
テンプレート名の変更

 これでテンプレートが作成されました。ウィザードに従い、ある程度の形ができているので、次は更に修正を加えていきます。

ウィザードにより作成されたテンプレート
ウィザードにより作成されたテンプレート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

バックナンバー

連載:顧客と開発者の生産性を格段に向上させる、業務システムの画面UI
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5