Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ヴァル研究所、「駅すぱあと」の情報・機能が使えるAPIを英・中・韓・タイ語の多言語対応に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/07/21 15:40

 ヴァル研究所は、経路検索システム「駅すぱあと」の経路検索機能や公共交通機関データなどを利用できるAPI「駅すぱあとWebサービス」の、一部多言語対応したバージョンを7月21日にリリースした。

 多言語対応は、訪日外国人の増加にともない、訪日外国人観光客向けのサービスを提供する企業をはじめ、留学生を多く受け入れる大学や、多国籍企業などからの要望を受けたもので、英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、タイ語に対応している。

多言語対応「駅すぱあとWebサービス」の利用イメージ
caption

 もっとも要望の多かった駅名と列車名は、日本語以外の4言語でも利用可能で、今後はユーザーからのフィードバックを元に、精度の向上や対応項目、対応言語を増強していく。

 なお、駅すぱあとWebサービスは、個人・学校向けのフリープランと法人向けのスタンダードプランがあり、多言語機能はスタンダードプランのみに対応している。


【関連リンク】
ヴァル研究所
「駅すぱあとWebサービス」(個人・学校向け)
「駅すぱあとWebサービス」(法人向け)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5