CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

世界最先端のDevOpsチームに追いつくには、文化のインストールが欠かせない!【デブサミ関西2016レポート】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/10/11 14:00

目次

DevOps導入のための5つのステップ

 とはいえこれはあくまでも米国での話。「日本向けのDevOps導入ステップは、次の5段階で進めるのが望ましい」と牛尾氏は説明する。

 第一はDevOpsのプレゼンテーションとデモを行う。「DevOpsは標準的な定義が存在しないので、皆さんの会社での、DevOpsとはどういうものかをシェアするために行う」と牛尾氏。第二にValue Stream Mapping(VSM)を作成する。VSMとは図のようなものだ。実際にリードタイムに関係するプロセスを可視化し、プロセスおよびそこでの課題を共有するのである。このとき、重要になるのが「プロセスを変更できる権限を持っている人をこの場に参加させること」と牛尾氏は言う。プロセスを変えることができる人とはマネジメント層なので、細かいプロセスよりもむしろリードタイムが短縮されることに関心があり、ムダがあることを説明すると「プロセスを変えればいい」という決断になると牛尾氏は言う。

Value Stream Mappingでプロセスを可視化・共有する
Value Stream Mappingでプロセスを可視化・共有する

 第三に文化とギャップ要素のインストールをすることである。「なぜ文化のインストールが必要かというと、DevOpsが西洋の文化の上に成り立った概念だからだ」と牛尾氏は言い切る。DevOpsに欠かせないアジャイルの導入が日本で難しいのも、その文化が影響している。Clearly Culturalの調査によると、その難易度は106カ国中で1位だという。

 また牛尾氏はインターナショナルチームに所属したことで、文化は生産性にも影響を及ぼすことに気付いたという。日本生産性本部の「日本の生産性動向2015年版」によると、米国の生産性を100%とすると、日本は62%だと報告されている。この生産性の違いは物量の違いつまり、「同じバリューに対して、日本は米国の10倍ほど工数をかけている」と牛尾氏は説明する。

 このことは牛尾氏の上司のドリュー・ロビンス氏の言葉からもわかる。同氏は日本人スタッフに「Be Lazy」、つまりムダなことをやり過ぎていると指摘するという。より少ない時間で、成果を最大化する、エッセンシャル思考を身につけることが大切だというのだ。「文化のインストールの詳細を知りたい方は、『メソッド屋のブログ』を参照してほしい」と牛尾氏は自身のブログを紹介した。

 また、ギャップ要素のインストールについては、先述したように上位マネジメントや関係者を巻き込むことに加え、「優れたベンダーやアジャイルコーチを選定すること。これで8割ぐらい導入がうまくいくかどうかが決まる」と語る。

 文化やギャップ要素のインストールに加え、生産性を向上させるのに忘れてはならないのが自動化である。テストをある程度きちんと書けているアジャイルプロジェクトの割合は48%だという。この割合を高めるには、「テスト駆動開発を行うことが必要」と牛尾氏は語る。テスト駆動開発について詳しいことを知りたい方には「Minutes DevOps:テスト駆動開発」のチェックがお勧めだ。

 第四はDevOpsハックフェストの開催である。文化のインストールと共にエキスパートと一緒に自動化するハッカソンを実施するのである。「定期的に実施し、DevOpsの道場としていつでも学べる場にするのも良い」と牛尾氏。そして第五にモニタリングと継続的改善を行っていくのだ。「定期的にリードタイムなどの改善状況を共有することが大事」と牛尾氏は説明する。

 国内でもDevOpsの実践し、成果が出ている事例が登場している。医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイトを運営しているカラダメディカでは、VSMと自動化のおかげで、リードタイムを13日から3日に短縮。しかもこれを数か月で達成したという。しかもチーム自ら考え、協力して行動して成果を出す文化に変わったという。

 また、NECソリューションイノベータでは、Docker、Compose、Terraform、Serf+Visual Studio Team Services(VSTS)、Azureを用いたハイブリッドクラウドストーリを展開し、リードタイムを8.5カ月から1週間に短縮。「『今まで、1990年代の開発だったのが、2017年の開発をしている気分です』という感想をいただいた」と牛尾氏はその成果を披露した。

 日本でも世界最先端のDevOpsチームに追いつき、追い越すため、牛尾氏はDevOps導入に意欲ある企業を支援していくと意気込む。先述の「メソッド屋のブログ」ではDevOpsスタータキットを公開。そして「マイクロソフトのDevOps世界事例+on Azureなら無料でVSMとハックフェストを提供する。ぜひ、DevOps導入に意欲のある企業はチャレンジしてほしい」と語り、セッションを終えた。

お問い合わせ

 日本マイクロソフト株式会社



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:【デブサミ関西2016】レポート

著者プロフィール

  • CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

    CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5