CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

世界最先端のDevOpsチームに追いつくには、文化のインストールが欠かせない!【デブサミ関西2016レポート】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/10/11 14:00

 今、IT業界で注目を集めている言葉に「DevOps」がある。DevOpsとは、人・プロセス・プロダクトの集合体で継続的にエンドユーザーに価値を提供することであり、ツールを入れれば実現するというものではない。日本は米国に比べ、この分野でも後れをとっているという。日本でDevOpsを取り入れ、世界最先端のDevOpsチームに追いつき、追い越すにはどうすればよいのか。米マイクロソフト テクニカルエバンジェリスト DevOpsの牛尾剛氏がセッションで明かした。

目次
米マイクロソフト テクニカルエバンジェリスト DevOps 牛尾剛氏
米マイクロソフト テクニカルエバンジェリスト DevOps 牛尾剛氏

日本はなぜ米国に比べてDevOpsの導入が遅れているのか

 「日本でも世界最先端のDevOpsチームに追いつき、追い越したい!」。そんな熱い思いがこもった牛尾氏のセッションは、冒頭で会場との3度にわたるDevOpsコールから始まった。

 牛尾氏が「世界最先端のDevOpsチームを作り上げた人」と称するマイクロソフトのサム・グッケンハイマー氏。牛尾氏は彼に対して「日本は米国と比べて、DevOpsに関してどのくらい遅れているか」と質問をしたところ「5年は遅れている」と言われたのだという。

 なぜ米国は進んでいるのかを明かす前に、まずはDevOpsとは何かのおさらいから。DevOpsとは人・プロセス・プロダクトの集合体で、継続的にエンドユーザーに価値を提供することである。そしてこれを実現すれば、「1日に10デプロイを可能にするリードタイムの短縮」と牛尾氏は語る。米Puppet Labsの「2015 State of DevOps Report」によると、DevOpsのメリットは、コードのデプロイ速度が30倍向上、リードタイムは200分の1に削減、エラーも60分の1に削減、エラーからの復旧は168倍速くなるという。また同社からはすでに2016年版も登場しており、それを見るとリードタイムは「2555倍になると言われている」と牛尾氏は語る。

 これまでソフトウェアの開発においては、本番環境で不具合が起こらないように、時間をかけて入念な準備をしていた。しかしせっかく時間をかけて用意しても、その間にソフトウェアのユーザを取り巻く環境が変わり、使ってくれないこともあっただろう。そこでできるだけ早くデリバリーをするのである。つまりDevOpsで重要な観点はリードタイムが短縮できること、本番環境/ユーザからのフィードバックをもらうこと、そして継続的な実験と学びがあることである。「DevOpsでは本番環境は聖域ではない」と牛尾氏は力強く語る。

 またプラクティスも必要になる。DevOpsに必要となるプラクティスは図の通りである。「これらを用意しているチームとしていないチームでは、戦闘機と竹やりぐらいの戦闘力の違いがあるが、最もDevOpsで重要になるのはチーム構成だ」と牛尾氏は説明する。

DevOpsプラクティスの一覧
DevOpsプラクティスの一覧

 マイクロソフトで世界最先端のDevOpsチームが生まれたのは、チーム構成を変更したことから始まった。当初マイクロソフトでもウォーターフォール型の開発を行っていたという。品質管理(QA)、開発(Dev)、Ops(運用)、ビジネス企画がバラバラのチームで構成されていた。それをグッケンハイマー氏がDevとQAを1チームにまとめて、エンジニアリングチームとOpsとビジネス企画の3チーム構成にしたのである。その後さらに、エンジニアリングチームとOpsとビジネス企画をすべて一つにしてサービスチーム(Feature team)としたのである。サービスチームでは顧客と直接のコラボレーションを行えるようになっている。「開発の優先順位やロードマップなどについてもサービスチームで決められるよう、権限が与えられている」と牛尾氏は語る。こうすることで、最先端のDevOpsチームができあがったのだ。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

    CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

バックナンバー

連載:【デブサミ関西2016】レポート
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5