CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

実践DDD本 第2章「ドメイン」「サブドメイン」「境界づけられたコンテキスト」を読み解く

IDDD本から理解するドメイン駆動設計 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/11/08 14:00

目次

分割した「ドメイン」と「境界づけられたコンテキスト」の評価方法

 分割した「ドメイン」と「境界づけられたコンテキスト」が適切かどうかについて検証するには、いくつかの確認指針があります。それぞれ見てみましょう。

ドメイン(問題領域)の評価ポイント

 構築システムの対象ドメインの整理後、以下の項目において評価を行います。

  1. 戦略的コアドメインの名前、ビジョン、検討するべき概念が正しいか
  2. 必要な支援サブドメインと汎用サブドメインの抜け漏れがないか
  3. 各ドメインの担当者を招集可能か

 対象とするコアドメインの戦略を理解しているか、関連するサブドメインが適切に洗い出されているかが重要となります。そして、それぞれのドメインエキスパートと協力できる体制になっているかを評価します。

境界づけられたコンテキスト(解決領域)の評価ポイント

 続けて「境界づけられたコンテキスト」の内容が正しいかを検証する指針は以下となります。

  1. 既存ソフトウェア資産の把握(再利用可否と相互接続状況の調査を含む)
  2. 新規ソフトウェア資産の検討(開発可能かの調査を含む)
  3. 既存ソフトウェアと新規ソフトウェアの統合方法検討
  4. 依存する関連プロジェクトのリスク検討
  5. ユビキタス言語の抜け漏れの確認
  6. 境界づけられたコンテキスト間における「重複または共有しているユビキタス言語」の調査とマッピング方法/変換方法の検討
  7. コアドメインの概念が境界づけられたコンテキストに適切に含まれているか確認

 開発を進めるにあたり既存システムと新規システムにおいて必要な情報が集まっているか、連携方針やリスクの洗い出しができているか、ユビキタス言語の洗い出しと連携方法が適切にどのように構築するかを検討できているかがポイントとなります。

 繰り返しになりますが「境界づけられたコンテキスト」の検証を行うには、「ユビキタス言語」を確認します。ユビキタス用語の変化に敏感になることで「境界づけられたコンテキスト」が適切に分割されているか分かります。

最後に

 今回は「ドメイン」の種類と「境界づけられたコンテキスト」の概要、分割方法、評価方法について解説しました。またIDDD本のサンプルプロジェクトについても紹介しました。次回は、複数の「境界づけられたコンテキスト」間のお互いの関係性を示す「コンテキストマップ」について紹介します。

参考資料



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:IDDD本から理解するドメイン駆動設計

もっと読む

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 青木 淳夫(アオキ アツオ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きた...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5