Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

クラウド時代の新しいインフラ構成管理ツール「Ansible」をインストールから徹底解説!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/17 07:00

 翔泳社では2月16日に『Ansible徹底入門』を刊行しました。Ansibleはクラウド時代の新しい構成管理ツールと言われ、インフラをコードで記述するInfrastructure as Codeを実践するシンプルな解決策の一つです。

Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現』は、後発のOSSでありながら注目を浴びるインフラ構成管理ツールのAnsibleについての入門書です。

 Ansibleはインフラの状態を自動実行可能なコードで記述するInfrastructure as Codeを実践するためのツールで、シンプルさが大きな特徴です。プログラミング言語を習得しなくても設定を書くことができ、中でもエージェントレスは大きな魅力。サーバー側へのソフトをインストールしなくても、対象マシンを操作できるのです。

 本書ではAnsibleの背景からその特徴を紹介し、インストールするところから解説を始めます。普段開発に携わっている方なら、すぐに使い方にも馴染めるでしょう。

 Ansibleはクラウド時代の新しい構成管理ツールですから、もちろんAWSやMicrosoft Azure、OpenStackとの連携についても解説しています。また、Dockerにも対応、本書は入門書でありながら、実践に活かせる知識を提供します。

 とても活発に開発が続くAnsible、気になる方はぜひ本書で始めてみてください。

目次

第1章:Ansibleについて
第2章:Ansibleを使ってみる
第3章:Playbookを深く知る
第4章:Roleを使ったPlaybookの拡張
第5章:実用的なPlaybookを作る
第6章:応用例1: OpenStack
第7章:応用例2: AWS
第8章:応用例3: Azure + Windows
第9章:応用例4: Docker
第10章:Playbookのテスト

Ansible徹底入門

Amazon SEshop その他

Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現

著者:廣川英寿、平初、橋本直哉、森田邦裕、渡部一宏
発売日:2017年2月16日(木)
価格:3,758円(税込)

本書について

本書ではAnsibleを基礎から解説。Tipsやテストなどの現場で役立つ情報を加えており、クラウド時代を生きるサーバー/インフラエンジニアに必要とされる知識をまとめた一冊となっています。

 



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング広報課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。ゲームとCOMPが好きです。

バックナンバー

連載:翔泳社 新刊紹介

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5