Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

データ・アプリケーション、データハンドリングプラットフォーム「RACCOON 1.6」を発売、Amazon Redshiftに対応

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/01/25 11:00

 データ・アプリケーションは、データハンドリングプラットフォームの最新版「RACCOON 1.6」を、2月1日に発売する。

 「RACCOON」は、データ連携・移行時のデータ加工・変換を、ノンプログラミングで実現するデータハンドリングプラットフォーム。

 今回発売する「RACCOON 1.6」では、新たにAmazon Redshift、Microsoft Access、および「Microsoft SQL Server 2016」への接続に対応した。

 このほか、編集ルールを記述したリソース操作ファイルのコマンド実行によって、フォーマット変換定義を作成/更新可能な機能や、ワークスペース内におけるすべてのフォーマット変換定義の検索・置換を一括で実行する機能、指定したディレクトリ配下の入力ファイルを一括処理する機能、変換ログをWindowsのイベントログへ出力する機能が追加されている。

 税別価格は、「Standard Edition」が300万円、「Developer Edition」が200万円。また、「Standard Edition」を月額125000円で利用できるタームライセンスも用意している(最低期間は3か月から)。

 なお、3月末までは「Standard Edition」をキャンペーン価格の税別200万円で販売する。


【関連リンク】
データ・アプリケーション
「RACCOON」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5