SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

著者情報

宮川 拓(ミヤカワ タク)

日本Javaユーザーグループ幹事。東京のシステムインテグレータに勤務。Java VM上で動作する言語である「Kink」を開発中。相撲とアメリカ文学とスコティッシュポップを愛する。
・ブログ: http://d.hatena.ne.jp/miyakawa_taku/
・Twitter: @miyakawa_taku


執筆記事

  • ラムダ式でTemplate Methodパターン+Factory Methodパターンで実装されたコードをシンプルにする ~ 継承から委譲、そして単なる手続きへ

     これまでの連載では、Commandパターン、Strategyパターン、Observerパターンのプログラムについて、プログラムの基本的な構造を...

    8571_arena.png
    0
  • ラムダ式でObserverパターンで実装されたコードをシンプルにする ~ オブザーバオブジェクトはラムダ式によって簡潔に生成できる

     Java SE 8で追加された構文要素「ラムダ式」を使うと、デザインパターンで解決しようとしていた問題を、ずっと素直なコードで実装できます。本...

    8504_arena.png
    0
  • ラムダ式でStrategyパターンで実装されたコードをシンプルにする ~ そこから見えてくるストラテジオブジェクトの本質

     Java SE 8で追加された構文要素「ラムダ式」を使うと、デザインパターンで解決しようとしていた問題を、ずっと素直なコードで実装できます。本...

    8401_arena.png
    0
  • ラムダ式でCommandパターンで書かれたコードをシンプルにする ~ ラムダ式使いへの第一歩

     Java SE 8では、新しい構文要素として「ラムダ式」が導入されました。これにより、これまで用いられたデザインパターンのいくつかは、特に意識...

    8300_arena.png
    0

4件中1~4件を表示

戻る

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング