Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

著者情報

  • 牧野 祐己(株式会社プレイド)(マキノ ユウキ)

     株式会社プレイド エンジニア。

     2014年から、プレイドでデータ分析エンジンの研究開発を担当。その他、エスプレッソマシンの傍らで、流行りのサードウェーブコーヒーを推進するために、3時頃からハンドドリップコーヒーを抽出する業務も担当。2009年から2014年まで、IBMソフトウェア開発研究所で研究開発業務に従事。分散データベースの開発、並列プログラミング言語処理系の研究、テキスト分析システムの開発、知識グラフの研究開発を担当。2009年、東京大学工学系研究科で修士課程を卒業。

執筆記事

  • 2017/08/22

    大規模データ解析サービス実現のために、Google Cloud Platformが果たす役割

     この連載では、最近盛り上がりを見せているGoogle Cloud Platform(GCP)の実践例を、大規模データ解析サービスでの実際の利用例、ノウハウなどを中心に解説していきます。「KARTE」というリアルタイム解析サービスを提供している、PLAIDのエンジニア陣が、KARTEの実現を例にとって説明します。第1回である今回は、大規模データ解析サービスを提供するにあたり、どのようなGCPのサービスが必要となるのか、GCPの果たす役割などを説明します。

1件中1~1件を表示
戻る


All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5