SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

翔泳社 新刊紹介(PR)

『はじめてのブロックチェーン・アプリケーション』から開発環境のインストール手順を特別に公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロックチェーンの一つであるEthereumのスマートコントラクト(アプリケーション)開発手法を解説した翔泳社の入門書『はじめてのブロックチェーン・アプリケーション』。ブロックチェーンに興味を持ちながら、何から始めればいいのかと後回しにしていた方をサポートする本書から、「開発環境のインストール手順」を特別に公開します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめてのブロックチェーン・アプリケーション』では、ブロックチェーンの一つであるEthereumをベースに、アプリケーションに相当するスマートコントラクトを開発するための手法を解説しています。

 本書はEthereum Foundationが推奨する、Goで実装されたクライアントのGethことgo-ethereumを用いて実践的な開発を進めていきます。

 今回は特別に、「Chapter2 Ethereumの導入」と「Appendix」からGethのインストール手順を公開します。まずは手を動かしながら感触を掴みたいという方は、下のボタンから立ち読みしてみてください。

Gethのインストール手順を読む

公開ページの目次

Chapter2 Ethereumの導入
2-1 Ethereumの概要
2-2 Gethのインストール
2-3 テストネットワークでGethを起動する

Appendix 付録
A-1 Geth の導入(Ubuntu/Mac/Windows)
A-2 ライブネットワークに接続

 本書ではそこから先――仮想通貨のEtherを送金方法や、自分で仮想通貨を作成する手法も解説。この仮想通貨コントラクトは最近話題の、スタートアップ企業が仮想通貨を発行して資金調達するICOに使われるものと同じ技術です。

 また、本書の後半では会員登録の手続きや不動産登記簿などに役立つ存在証明コントラクト、公平性が重要なゲームのガチャなどに使える乱数生成コントラクトといった実践的なコントラクトを作ってみます。

 読み終える頃には、ブロックチェーンの強みを活かしたアプリケーションを開発していくための基礎力が習得できるでしょう。その新たなスキルは今後、なにより役に立つ資産となるかもしれません。

Gethのインストール手順を読む

はじめてのブロックチェーン・アプリケーション

Amazon SEshop その他

はじめてのブロックチェーン・アプリケーション
Ethereumによるスマートコントラクト開発入門

著者:渡辺篤、松本雄太、西村祥一、清水俊也
発売日:2017年8月3日(木)
価格:3,240円(税込)

本書について

本書は、エンジニアのためのブロックチェーン・アプリケーション開発の指南書です。ブロックチェーンを活用したシステムを開発するために、エンジニアが具体的に何をしたらいいのかを3つのサンプルを使ってわかりやすく解説します。

 

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
翔泳社 新刊紹介連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/10324 2017/08/11 07:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング