Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Webブラウザでコードの作成、実行、デバッグが可能なクラウド統合開発環境「AWS Cloud9」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/12/01 18:00

 米Amazon Web Services(AWS)は、Webブラウザ上でコードの作成、実行、デバッグができるクラウドベースの統合開発環境「AWS Cloud9」の提供を、11月30日(現地時間)に開始した。

 AWS Cloud9は、オープンソースのAce Editorと、同社が2016年に買収したc9.io IDEをベースにしており、JavaScript、Python、PHPといった、多くのプログラミング言語に必要とされるツールを備えるとともに、テストやデバッグにおけるローカル/リモートのすばやい切り替えや、クラウドを利用したペア・プログラミング機能など、多彩な機能を搭載する。

 AWS Cloud9の中核を成すAce Editorは、ライブ構文チェック、自動インデント、自動補完、コード折りたたみ、分割ペイン、バージョンコントロールの統合、複数のカーソルおよび選択など、IDEに求められる標準的な機能をカバーしている。

 さらに、10万行を超える大きなファイルの編集時でも遅延などは発生しない。また、20以上のテーマ、40以上の言語モード、Vimモードやemacsモードにも対応したキーバインディングエディタ、強力なキーボードナビゲーションとコマンドなど、充実した機能を備えている。

 利用にあたって追加料金は不要で、現時点ではアメリカ西部(オレゴン州)、東部(オハイオ州、北部バージニア)、EU(アイルランド)、アジア太平洋(シンガポール)リージョンで利用できる。


【関連リンク】
Amazon Web Services
「AWS Cloud9」(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5