Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Android向けKotlin開発環境「Android KTX」のプレビュー版が公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/02/06 15:55

 米Googleは、Android上でのKotlinによる開発をより円滑にするための拡張機能セット「Android KTX」のプレビュー版を、2月5日(現地時間)に公開した。

 「Android KTX」は、Androidフレームワークとサポートライブラリ上にAPIレイヤーを提供することで、Kotlinでのより自然な開発を可能にしている。

 「Android KTX」では、より簡潔にKotlinのコードを書けるようになっており、たとえばUri.parse(uriString)を呼び出す場合、通常なら

val uri = Uri.parse(myUriString)

と書くところ、「Android KTX」では

val uri = myUriString.toUri()

のように、より自然に記述できる。

ほかにも、SharedPreferencesの編集は通常なら

sharedPreferences.edit()
           .putBoolean(key, value)
           .apply()

のような記述になるところ、「Android KTX」では

sharedPreferences.edit { 
    putBoolean(key, value) 
}

という記述となる。

「Android KTX」は、Androidサポートライブラリの将来バージョンでも使用されるパッケージ名の接頭辞、androidx.*を使っており、プラットフォームに付属するAPIであるandroid.*と区別される。なお、androidx.*はAndroidのさまざまなバージョンで動作するアプリ開発者向けの静的ライブラリを指す。

今後は、ユーザーからのフィードバックやコントリビュートを取り入れつつAPIの開発を進め、安定性や互換性が確保された段階で「Android KTX」をAndroidサポートライブラリとしてリリースする予定となっている。


【関連リンク】
Android開発者向けページ
「Android KTX」(英語、GitHub)
Kotlin(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5