Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ギットハブ・ジャパン、国内初のGitHubカンファレンス「Satellite Tokyo」を6月12日~13日に開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/04/24 18:45

 ギットハブ・ジャパンは、業界のエキスパートがGitHubおよびソフトウェア開発の最新情報を、コミュニティ、ソフトウェア開発者、開発にかかわるすべての人々と共有することを目的としたカンファレンス「Satellite Tokyo」を、6月12日~13日にTOC五反田メッセ(東京都品川区)で開催する。入場は無料だが、事前登録が必要。

 「Satellite」は、世界各地の都市で開催されており、東京での開催はロンドン、アムステルダムに続いて3か所目となる。

 1日目(6月12日)には、ソフトウェア開発コミュニティに向けたさまざまなセミナーを開催するとともに、セッション終了後はカクテルアワーとして、開発者同士が情報交換やネットワーキングを行う機会を提供する。

 基調講演として、GitHubより公家尊裕氏、ジェイソン・ワーナー氏が登壇するほか、Rubyアソシエーションの理事長であるまつもとゆきひろ氏、GitHubのアーロン・パターソン氏による「Rubyが生まれた頃、そしてこれからのRuby」と題した講演などが予定されている。

 2日目(6月13日)には、企業におけるGitHubの利用を紹介するセッションとして、米GitHubの経営幹部によるGitHubプラットフォームの今後のロードマップ情報、企業向けサービス「GitHub Enterprise」の新機能などを紹介する。また、日本在住のGitHub社員によるセッションや、ユーザー事例の紹介も予定している。

 開催日時は、6月12日が11時~20時、6月13日が9時~17時。

 このほか、開発者が登壇するセッション・Lightning Talkの参加者もあわせて募集している。


【関連リンク】
ギットハブ・ジャパン
「Satellite Tokyo」
Lightning Talk参加者募集ページ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2018/04/25 17:42 2018/04/25 17:40 まつもとゆきひろ氏の名前に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5