SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

ギットハブ・ジャパン、国内初のGitHubカンファレンス「Satellite Tokyo」を6月12日~13日に開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ギットハブ・ジャパンは、業界のエキスパートがGitHubおよびソフトウェア開発の最新情報を、コミュニティ、ソフトウェア開発者、開発にかかわるすべての人々と共有することを目的としたカンファレンス「Satellite Tokyo」を、6月12日~13日にTOC五反田メッセ(東京都品川区)で開催する。入場は無料だが、事前登録が必要。

 「Satellite」は、世界各地の都市で開催されており、東京での開催はロンドン、アムステルダムに続いて3か所目となる。

 1日目(6月12日)には、ソフトウェア開発コミュニティに向けたさまざまなセミナーを開催するとともに、セッション終了後はカクテルアワーとして、開発者同士が情報交換やネットワーキングを行う機会を提供する。

 基調講演として、GitHubより公家尊裕氏、ジェイソン・ワーナー氏が登壇するほか、Rubyアソシエーションの理事長であるまつもとゆきひろ氏、GitHubのアーロン・パターソン氏による「Rubyが生まれた頃、そしてこれからのRuby」と題した講演などが予定されている。

 2日目(6月13日)には、企業におけるGitHubの利用を紹介するセッションとして、米GitHubの経営幹部によるGitHubプラットフォームの今後のロードマップ情報、企業向けサービス「GitHub Enterprise」の新機能などを紹介する。また、日本在住のGitHub社員によるセッションや、ユーザー事例の紹介も予定している。

 開催日時は、6月12日が11時~20時、6月13日が9時~17時。

 このほか、開発者が登壇するセッション・Lightning Talkの参加者もあわせて募集している。


【関連リンク】
ギットハブ・ジャパン
「Satellite Tokyo」
Lightning Talk参加者募集ページ

修正履歴

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/10806 2018/04/25 17:42

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング