Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

WindowsアプリでバーコードやQRコードを簡単出力! BarCodeコントロールをWindows Forms/WPF/UWPで使ってみる

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/03 14:00

目次

QRコードを表示してみよう(Windows Forms編)

 インストールが終わったら、さっそくQRコードを表示するアプリを作ってみましょう。ここでは、Windows Formsを紹介していきます(WPFとUWPでBarCodeコントロールを使う方法は後ほど)。

Windows Formsプロジェクトの設定

 インストール直後に1回だけ、Windows Formsのプロジェクトを作成してから、ツールボックスにComponentOneのコントロールを追加する必要があります。ツールボックスに新しいタブ「C1 WinForms 4.0」を作り、そこにComponentOne for Windowsのコントロールを追加します。詳しい手順は、「Windows フォームにコンポーネントを追加する」をご覧ください。追加するときに、他のプラットフォーム(WPF/UWP)用のコントロールを誤って選択しないよう注意してください。

 また、ツールボックスからフォームにコントロールを貼り付けても、プロジェクトの参照設定が追加されないことがあります。そのときは、手動でプロジェクトの参照を追加してください。BarCodeコントロールを使うには、参照を追加するダイアログの[アセンブリ]-[拡張]で、[C1.Win]と[C1.Win.BarCode]を追加します。

BarCodeコントロールの設定

 ツールバーからフォームにBarCodeコントロールを貼り付け、次の通りプロパティを設定します。

  • CodeType:QRCode
  • Text:バーコードに表示したい任意の文字列

 これだけで、フォーム上にQRコードが表示されます。試しにURLなどを表示させて、スマホの適当なアプリで認識させてみてください。

 QRコードは、その規格の上では最大7366文字まで表現できます(半角換算)。表示する文字が多くなると、BarCodeコントロールが自動的にグリッドを細かくしてくれます(次の画像)。しかし、画像の右側の画面のようにグリッドがあまり細かくなると、細部がつぶれてしまってQRコードとして読み取れなくなってしまいます。そのため、表示する文字列長に応じて、BarCodeコントロールの大きさを変える必要が出てきます。

左:表示文字列が少ないとグリッドは粗い、右:表示文字列を増やすとグリッドが細かくなる
与える文字列が長いとQRコードのグリッドが細かくなる

 BarCodeコントロールのサイズは、既定ではバーコードの種類ごとに固定になっています。次のプロパティを設定することで、任意のサイズに変更できます。

  • AutoSize:false(既定値はtrue
  • Size:希望のサイズ、ただし縦横は同じにする
  • BarHeight:SizeのHeightと同じにする

 サンプルコードには、表示領域のサイズに合わせてBarCodeコントロールのサイズを調整するコードを含めてあるので、参考にしてください(Form1.csファイルのAdjustBarCodeメソッド)。そのほか、BarCodeコントロールの詳細については、BarCode for WinFormsの製品ヘルプを参照してください。なお、上の画像に見える[画像を保存]ボタンについては、後ほど解説します。


関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • biac(ばいあっく)

    HONDA R&Dで自動車の設計をやっていた機械屋さんが、技術の進化スピードに魅かれてプログラマーに。以来30年ほど、より良いコードをどうやったら作れるか、模索の人生。わんくま同盟の勉強会(名古屋)で、よく喋ってたりする。 2014/10~2019/6 Microsoft MVP (Windo...

バックナンバー

連載:UWPアプリ開発に必携のコンポーネントライブラリー「ComponentOne Studio」
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5