Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

WindowsアプリでバーコードやQRコードを簡単出力! BarCodeコントロールをWindows Forms/WPF/UWPで使ってみる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/03 14:00

目次

郵便番号バーコードを表示してみよう(WPF編)

 WPFでもBarCodeコントロールを使ってみましょう。今度は日本の郵便番号バーコードを表示してみます。

 このバーコードは日本郵便が使用しているバーコードのひとつで、正確には「カスタマバーコード」といいます。ダイレクトメールなどの宛名の下によく印字されているので、多くの方は見かけたことがあると思います。

参照の追加

 WPFのプロジェクトの参照に、必要なコンポーネントを追加します。BarCodeコントロールを使うには、[参照マネージャー]ダイアログの[アセンブリ]-[拡張]セクションで、[C1.WPF]と[C1.WPF.BarCode]の2つを追加します(「C1.Win」で始まるものはWindows Forms用ですので注意してください)。

 なお、ツールボックスからBarCodeコントロールを画面に貼り付けると、上記の参照設定は自動的に追加されます。

BarCodeコントロールの設定

 まず、XAMLの先頭に名前空間の定義を追加します(次のコード)。これは、コントロールをツールボックスからXAMLに挿入すれば、自動的に追加されます。

XAMLの先頭に名前空間の定義を追加
<Window x:Class="PostalWpf.MainWindow"
    ……省略……
    xmlns:c1="http://schemas.componentone.com/winfx/2006/xaml"
    mc:Ignorable="d"
    Title="MainWindow" Height="240" Width="480">

 次にコントロールを記述していきます。ここでは、TextBoxコントロールに入力した文字列がBarCodeコントロールに反映されるようにしましょう(次のコード)。XAMLコードの全体は、GitHubでご覧ください。

TextBoxに入力した文字列をBarCodeコントロールにデータバインド
<TextBox x:Name="InputTextBox" ……省略…… />

<c1:C1BarCode x:Name="BarCode1" CodeType="JapanesePostal" ……省略……
              Text="{Binding Path=Text, ElementName=InputTextBox}"
              CaptionPosition="Below"  />

 BarCodeコントロールは、最小限、次の2つのプロパティを設定するだけで郵便番号コードを表示できます。

  • CodeType:JapanesePostal
  • Text:バーコードに表示したいカスタマコード文字列(数字/ハイフン/英大文字)

 これだけで、WPFのウインドウ上に郵便番号コードが表示されます。

郵便番号バーコードの表示例(WPF)
WPFアプリで郵便番号バーコードを表示

 参考までに上の画像のカスタマコードは、郵便番号「550-0013」/町域名以降の住所「1-4-26」(1丁目4番26)/ビルの「8」階という意味になります。

 郵便番号バーコードのサイズは、印刷に使うなら既定のままでよいはずです。変更したいときは、Windows FormsやUWPと同様に、AutoSizeプロパティをfalseにし、BarHeightにもHeightプロパティと同じ値をセットします(前述したWindows Formsの解説もご覧ください)。

 そのほか、BarCodeコントロールの詳細については、BarCode for WPFの製品ヘルプを参照してください。なお、上の画像に見える[画像を保存]ボタンについては、後ほど解説します。

入力したテキストが正しくないときは?

 ここで、正しくないデータを与えたときにどうなるかを見ておきましょう。

 郵便番号バーコードは、表示可能な桁数と文字種が決まっています。まず、長すぎる文字列を与えると、バーコードの画像に代わって「データ長が正しくありません」というエラーメッセージが表示されます(次の画像)。

郵便番号バーコードに長すぎる文字列を与えた例
郵便番号バーコードに長すぎる文字列を与えた例

 規定外の文字を与えた場合は、バーコードの画像に代わって「無効なバーコードデータです」というエラーメッセージが表示されます(次の画像)。郵便番号のカスタマコードは、アルファベットの大文字はOKですが、小文字は許されていません。

郵便番号バーコードに規定外の文字を与えた例
郵便番号バーコードに規定外の文字を与えた例

 このように分かりやすいエラー表示がされるのも、BarCodeコントロールの特徴です。なお、エラーが出ているときは、BarCodeコントロールのEncodingExceptionプロパティでそのエラーを取得できます。


関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • biac(ばいあっく)

    HONDA R&Dで自動車の設計をやっていた機械屋さんが、技術の進化スピードに魅かれてプログラマーに。以来20年ほど、より良いコードをどうやったら作れるか、模索の人生。わんくま同盟の勉強会(名古屋)で、よく喋ってたりする。 Microsoft MVP (Windows Development)...

バックナンバー

連載:UWPアプリ開発に必携のコンポーネントライブラリー「ComponentOne Studio」
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5