CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PHPEclipseを拡張してEclipseプラグインを作成しよう

setter/getterコード生成プラグインの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/03/27 07:00
目次

プラグインのインポート

 最後に今回作成したプラグインが正常にEclipseプラグインとしてインポートでき、動作するかを確認します。

 Eclipseの[ヘルプ]→[ソフトウェア更新]→[検索およびインストール]を選択し、プラグインをインストールするウィザードを表示します。

検索およびインストール
検索およびインストール

 検索および更新ウィザード画面では、[インストールする新規フィーチャー]を選択し[次へ]をクリックします。

検索および更新ウィザード画面
検索および更新ウィザード画面

 次の画面で[新規ローカルサイト]を選択し、先ほど作成した「/home/workspace/codezine/SetterGetterFeature」を選択します。

ローカルサイト選択後の画面
ローカルサイト選択後の画面

 その後、インストールウィザードに従い、作成したプラグインをEclipseにインストールします。

インストールウィザード
インストールウィザード

 インストールが終わったらEclipseの再起動を行い、正しくプラグインが動作しているかどうかを確認してください。正しく動作していれば、プラグインが正常にインストールできたことになります。

動作画面
動作画面

作成したXMLファイル

 作成した「plugin.xml」と「feature.xml」の内容です。

plugin.xml

 今回作成したプラグインの「plugin.xml」は次のようになっており、非常に記述量は少なめです。ちなみに、メニューの表示方法を変更したり、アクションの変更を行ったりするときは、この「plugin.xml」を編集します。

plugin.xmlの内容
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<?eclipse version="3.2"?>
<plugin>
   <extension          point="org.eclipse.ui.popupMenus">
      <viewerContribution             id="jp.codezine.viewer.viewerContribution1"
targetID="#PHPEditorContext">
<menu id="jp.codezine.popup.menu"
label="CodeZineメニュー"
path="additions"/>
<action class="jp.codezine.popup.actions.SetterGetterAction"
id="CodeZineSetterGetterAction"
label="setter/getterの生成"
menubarPath="jp.codezine.popup.menu/settergetter"/>
</viewerContribution> </extension> </plugin>

feature.xml

 今回作成した「feature.xml」の内容です。プラグインができあがれば、ここにライセンス情報や利用条件などを入力していくことになります。

feature.xmlの内容
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<feature       id="CodeZine_SetterGetter_Plugin"
label="CodeZine_SetterGetter_Plugin フィーチャー"
version="1.0.0">
<requires> <import plugin="org.eclipse.ui"/> <import plugin="org.eclipse.core.runtime"/> <import plugin="org.eclipse.jface.text"/> <import plugin="org.eclipse.ui.editors"/> <import plugin="org.eclipse.ui.workbench.texteditor"/> <import plugin="org.eclipse.core.resources"/> <import plugin="net.sourceforge.phpeclipse"
version="1.1.8" match="greaterOrEqual"/>
</requires> <plugin id="CodeZine_PHPEclipseProject"
download-size="0"
install-size="0"
version="0.0.0"
unpack="false"/>
</feature>

終わりに

 「Eclipseプラグイン」の作成には多くの知識が必要となりますが、多くの部分は本稿を読んでいただければ分かるように、大部分はウィザードから入力していくだけの簡単なものです。

 また、「PHPEclipse」の有する豊富な機能を利用することで、作成したいプラグインを簡単に作成することが可能になります。本稿を元にEclipseプラグインの開発の参考になれば幸いです。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • ハタ(ハタ)

    PHPの魅力に取り付かれた一人。 現在はSeasar.PHPとしてSeasar(Java)をPHP5に移植する活動をしている。 http://blog.xole.net/(ブログ)

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5