CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

無償仮想化ソフト「VirtualBox 1.3.8」リリース、Red Hat対応を強化

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/03/15 11:04

企業向け用途にも耐えられるVirtualBoxが1ヶ月ぶりにアップデートした。

 企業向け用途にも耐えられる仮想化ソフトVirtualBoxの最新版、「VirtualBox 1.3.8」が14日リリースされた。ユーザーの声を元に常に改善を図っていくのが同製品のスタンスだが、前回の1.3.6から1ヶ月弱でのアップデートとなる。

 今回のアップデートでは、新たに「Red Hat Enterprise Linux 4」(RHEL4)と、「Mandriva 2007.1」向けのインストールパッケージが用意された。また、Xorg 7.2.xもサポートするようになった。

 1.3.8本体の修正としては、商用利用者やコミュニティーからのフィードバックを受け、インストーラ、GUI、BIOS、USB、ネットワーク周りなど、幅広い範囲で変更が加えられている。

 VirtualBoxは、同製品のWebサイトから無償でダウンロードすることができる。

VirtualBox News
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5