Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グレープシティ、ノンプログラミングでWeb業務アプリを開発できる「Forguncy 4」を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/28 19:05

 グレープシティは、業務フローに合わせてノンプログラミングで自由にWeb業務アプリを開発できる「Forguncy(フォーガンシー)」のライセンス体系を一新し、「Forguncy 4」として11月28日に発売した。

 「Forguncy」は、業務アプリの画面とデータベースをExcelと同じ操作性で作成することが可能なWebアプリ構築基盤。企業内の既存データベースと直接連携するサブシステムを、一般的なシステム開発手法よりも速く、かつExcel感覚で作成できる。

「Forguncy」による予実管理の構築イメージ
「Forguncy」による予実管理の構築イメージ

 「Forguncy 4」は、新機能としてシステムの仕様書を自動生成する機能を備えており、スクリーンショット付きの画面仕様書や、データベースのテーブル情報、リレーション情報、外部接続テーブル情報などが表紙付で生成されるため、システムアップデートの度に仕様書を人力で更新する必要がない。

自動生成されたシステム仕様書のイメージ
自動生成されたシステム仕様書のイメージ

 さらに、「Forguncy」によって開発した業務アプリを、運用状態のまま新旧の差分を自動的に解析し、適切にマッピングする機能や、Active Directoryと自動同期するユーザー管理機能を新たに搭載した。

自動マッピング機能のイメージ
自動マッピング機能のイメージ

 ほかにも、プラグイン開発キットが提供されるので、アプリごとにJavaScriptでカスタマイズすることなく、汎用的な機能としてプラグイン化できるようになっている。

 税別の1開発ライセンス(Forguncy Builder Pro)は172000円、運用ライセンスは最小構成(Forguncy Server基本ライセンスおよび5同時接続追加ライセンス)で702000円。「Forguncy 3」以前を利用中で、期限内の保守更新ライセンスを所持している場合は、無償で「Forguncy 4」へのバージョンアップが可能。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5