CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープンソースの機械学習ライブラリ「TensorFlow 2.3」がリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/06 08:00

 米Googleの、オープンソースの機械学習ライブラリTensorFlow開発チームは、「TensorFlow 2.3」を7月27日(現地時間)にリリースした。

 「TensorFlow 2.3」では、データのロードと前処理をさらに容易にし、1台のマシンで作業している場合でも、複数のマシンで作業している場合でも、入力パイプラインのボトルネックを解決する新たな機能が追加されている。

 「tf.data」では、入力パイプラインのボトルネックを解決してリソース使用率を改善すべく、トレーニングジョブと並行して実行されるデータ処理ワーカーのCPUクラスターに入力前処理をオフロードして、アクセラレータの使用率を向上する方法が提供されたほか、入力前処理パイプラインの出力をディスクに保持することができるスナップショットAPIが追加された。

 また「TF Profiler」では、モデルのメモリ使用量を可視化するメモリプロファイラと、モデル内のPython関数呼び出しをトレースできるPythonトレーサが追加されている。

 ほかにも、Keras Preprocessing Layers APIの実験的なサポートが追加されており、前処理ロジックをモデル内にパッケージ化してデプロイを容易にすることが可能になり、入力としてテーブルからraw文字列、画像、または行を取得するモデルを出力できる。さらに、数行のコードでディスク上のイメージやテキストファイルのディレクトリから、tf.data.Datasetを作成可能なユーティリティも用意している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5