CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IDC Japan、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/15 08:00

 IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場予測を9月14日に発表した。

 同予測によれば、2020年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は前年比15.3%増の1兆89億円となる見込みで、2019年~2024年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は18.6%で推移し、2024年の市場規模は2019年比2.4倍の2兆567億円になると予測している。

国内パブリッククラウドサービス市場 売上額予測 2019年~2024年
国内パブリッククラウドサービス市場 売上額予測 2019年~2024年

 IDCでは、現在「継続的に、多様かつ大きな変化が短期間に起こる『ネクストノーマル』時代を迎えようとしている」とした上で、業務を維持するための「事業継続」から、市場環境の変化に対応する「ビジネスレジリエンスの強化」へ、これまで以上にIT、とりわけクラウド活用を検討する企業が増えるとともに、多くの企業がDXやデータ駆動型ビジネスに対する意識を高めているとみている。また、ビジネスレジリエンスの強化とDX/データ駆動型ビジネスを抱合した「クラウドジャーニー」を中核として、IT戦略を強化する企業の存在を指摘する。

 一方で、クラウドジャーニーでは「文化」「組織」「人材/スキル」の変革や強化が重要となるため、企業にとっては課題が多く、企業のクラウドジャーニーを支援するベンダーの体制も十分ではないことから、2021年の国内パブリッククラウドサービス市場は需要の拡大に対して、成長が抑制されるとみている。

 IDCは、2022年以降は人材/スキルの不足を補うツールの発展や産業ノウハウの活用したソリューション化が進むことで、国内パブリッククラウドサービス市場が成長を加速すると予測する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5