CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Visual Studio Code向けC++拡張機能、一般提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/16 08:00

 米Microsoftは、コードエディタ「Visual Studio Code」向けのC++拡張機能の一般提供を、9月14日(現地時間)に開始した。

 今回、バージョン1.0として一般提供を開始したC++拡張機能を利用することで、IntelliSenseスマートコード補完、デバッグ、リファクタリング、コードナビゲーションといったC++開発者向けのさまざまな機能を、Visual Studio Code上で利用できるようになる。

 これらの機能は、さまざまなプラットフォーム、アーキテクチャ、コンパイラで利用可能なので、クロスコンパイルやリモート開発にも役立つ。

 編集機能としては、IntelliSenseによるコード補完、パラメーター情報、クイック情報、メンバーリスト、すべての参照を検索、定義/宣言への移動、ピーク定義/宣言に対応したコードナビゲーション、シンボルの名前変更、コードのフォーマット、セマンティックのカラー化、Doxygenコメントドキュメントに対応している。

 デバッガでは、ブレークポイントの設定、監視変数の設定、プログラムのステップスルー、マルチスレッドプログラムのデバッグ、リモートプロセスのデバッグなどが利用できる。

 さらに、バージョン1.0では新たにARMおよびARM64上のLinuxがサポートされ、IntelliSenseの容易な構成、コードフォーマットのカスタマイズに対応したほか、リモート開発やGitHubの統合、CMakeサポートなどが含まれるC++拡張パックを用意している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5