CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Azure Monitor Application Insights用Java 3.0エージェントが一般提供開始、コード変更なしで監視が可能

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/12 08:00

 米Microsoftは、Azure Monitor Application Insights用Java 3.0エージェントの一般提供を11月5日(現地時間)に開始した。

 今回の、Azure Monitor Application Insights用Java 3.0エージェントの一般提供によって、あらゆる環境でのJavaアプリの監視用自動インストルメンテーションが可能になり、JavaアプリをVM、オンプレミス、AKS、Windows、Linuxのいずれで実行していても、Java 3.0エージェントはコードを変更することなく、アプリを監視できる。

 Java 3.0エージェントは、いくつかの構成を変更するだけで利用可能で、任意の環境で実行されているアプリケーションを監視でき、さまざまなフレームワークとの依存関係をサポートする。また、分散トレーシングにも対応している。

 さまざまな要求、依存関係、ログ、メトリックの自動収集が可能で、サポート対象のライブラリやフレームワークには、gRPC、Netty/Webflux、JMS、Kafka、Cassandra、MongoDBなどが含まれる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5