CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

GitHubを監視し、ソースコード流出を検知する「LeakCop」が事前受付を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/02 17:30

 メタエクスは、プログラムのソースコード流出を検知するウェブサービス「LeakCop(リークコップ)」の事前登録の受付を開始した。サービス開始は今年3月を予定。

 LeakCopは、主要なソースコード共有サービスであるGitHubを監視し、本来公開されてはならないコードが公開された際にユーザーに通知することで、コードの流出を早期発見することができるサービス。

 ソースコードの監視に用いるキーワードを設定するだけですぐに利用可能で、自動でモニタリングを行い、指定したキーワードを含むソースコードがGitHub上で公開された場合、メールまたはSlackで即座に通知する。

 これにより、会社名などを含む、ソースコードのコピーライトを登録し、そのコピーライトが含まれるコードが公開されていないか監視したり、ユニークなソースコードの一部を登録し、そのコードが公開されていないか監視したりすることができる。

 現在、事前登録の受付を行っており、事前登録した法人はサービス開始後、一定期間無料で利用することができる。サービス開始は今年3月を予定。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5