CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Alexaと同様の会話インターフェースを構築できる「Amazon Lex」が日本語に対応

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/13 14:00

 AWSは、「Amazon Lex」が日本語に対応し、東京リージョンで使用可能となったことをを、4月2日に発表した。

 Amazon Lexはチャットボット向けの会話型AIを提供するサービスで、Alexaと同じテクノロジーを利用した会話インターフェースの構築が可能。音声をテキストに変換するためのディープラーニングを利用した自動音声認識(ASR)と、テキストの意図を認識する自然言語理解(NLU)機能が提供されているため、文字チャットだけではなく、音声入力により、リアルな会話の相互作用を備えたアプリケーションの構築が簡単に行える。

 また音声には、Amazon Pollyが用いられ、自然な日本語でユーザーに応答し、また発音のカスタマイズなども可能となっている。開発をより簡便化させるために、いくつかのテンプレートがあらかじめ備えられている。

 2021年4月2日の時点で、日本語の他に、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語に対応している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5