CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

クラウド&エッジコンピューティングプラットフォーム「OpenNebula 6.0 "Mutara"」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/14 14:00

 オープンソースのクラウド&エッジコンピューティングプラットフォームであるOpenNebula開発チームは、最新バージョンとなる「OpenNebula 6.0 "Mutara"」を、4月6日(現地時間)にリリースした。

 「OpenNebula 6.0 "Mutara"」は、OpenNebula 6シリーズの初の安定リリースとなる。

 「OpenNebula 6.0 "Mutara"」に含まれるSunstoneでは、VNCダイアログの改良や非同期操作への警告、OneFlowサービスへの情報の追加、VMware VMのNUMA配置への対応などが行われた。

 さらに、FireEdgeサーバの新バージョンが同梱されており、OpenNebulaのWebUIではVMおよびホスト状態の自動更新、VMware VMのためのVMRCコンソールアクセス、Guacamole VNC/SSHおよびRDPなどが追加されている。

 そのほか、プライベートマーケットプレイスとして設定されたリモートストレージへのVMデータの定期バックアップが可能になるとともに、OneFlowのエンジンとGUIにおけるライフサイクル管理に関する改善や、vSphere 7のサポートやKVMのためのVMチューニングパラメータの追加などハイパーバイザドライバの改良、コンテナ化アプリのプラットフォームをまたいだ使用を容易にするLXCシステムコンテナ向けドライバの追加などが行われた。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5