CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

新講座「マイクロサービスを支えるインフラ実践講座」6月23日にオンライン開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/20 12:00

 CodeZineは、村上大河氏と岩成祐樹氏を講師に迎え、CodeZine Academyの新講座「マイクロサービスを支えるインフラ実践講座」を6月23日にオンライン開催します。

 APIによって複数のサービスを連携させるマイクロサービスは、企業の既存資産と新規システムを連携させ、顧客を中心とした迅速な仮説検証に対応するアーキテクチャとして注目されています。しかし、その成功のためにはただアーキテクチャを採用するだけでなく、移行方法の計画、アーキテクチャを支える技術、開発・運用を行うための組織作りが重要になります。

 本講座では以下の方を対象に、「モノリシックアプリケーションからマイクロサービスへの移行するための知識・スキル」「マイクロサービスを支える組織・チームの作り方」「マイクロサービス運用における効率的なツール」を中心として、設計・実装方法などを解説します。

  • マイクロサービス、サービスメッシュ、コンテナに興味があるITエンジニア
  • クライアントに対して提案を行う役割をもつITエンジニア(ソリューションアーキテクト、セールスエンジニアなど)
  • デジタルトランスフォーメーションを検討しているIT部門の方

 マイクロサービスのビジネスメリットや仕組み、考え方を基礎から学べるのはもちろん、関連するエコシステムや構築のノウハウ、従来型のアプリケーションをマイクロサービス化をするための移行方法や組織全体でマイクロサービス化をすすめるための方法を、座学とハンズオンを通して学ぶことができます。

 講師は『Kubernetesポケットリファレンス』(技術評論社)の著者である村上大河氏と岩成祐樹氏が担当します。

 参加に必要なスキル・当日までの準備は以下の通り。

必要なスキル・用意するもの

必要なスキル

コンテナ・Kubernetesの開発・運用についての知識。 ※講義の際に、説明するので必須ではありません。

ご用意いただくPC環境

参加者各自で使用しているPC・ネット環境

使用するツール

  • Zoom
  • Google Chrome
  • Google Cloud Platform(アカウントは事務局でご用意し、講座開始時にご案内します。)

おすすめの事前学習コンテンツ

講座内容

  • 講座名:マイクロサービスを支えるインフラ実践講座
  • 日時:2021年6月23日 10:00~17:00
  • 場所:Zoom(オンライン)
  • 参加料:6万6000円(税込)

 申し込みはこちらから!

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5